副業の作業がはかどる居心地の良い格安の喫茶店

スポンサードリンク

副業の作業がはかどる居心地の良い格安の喫茶店

最近では、休みの日は副業に専念する人が増えてきているようです。

 

有益な記事をかいたりユーチューブの企画を考えたりすることが多いのだと思います。

 

ただ、家で副業に専念しようにも夏であればエアコン代が気になったり、冬であれば寒くて仕事に専念できない環境だったりします。

 

そんなときにおススメするのが喫茶店での作業です。喫茶店であれば、空調が効いているし作業にも専念できます。

 

家にいるとテレビなどの誘惑にまどわされがちです。かといって、外出すればお金を使ってしまうと心配してしまいがちです。

 

お金を稼ぐためにお金を使ってしまうというのは本末転倒と感じてしまう気持ちは私も非常に共感します。

 

ただ、お金を使って作業の効率が上がるならコストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

 

また、浪費ではなく投資だと判断することができます。

 

私がおススメするのは、ドトールコーヒー店です。

 

なるべく金額は抑えたいけど、作業効率を上げたいという人には最高の場所です。

 

喫茶店といえば、コメダ珈琲やスターバックスが有名ですが、ドトールが最もコストパフォーマンスに優れた喫茶店だと言えます。

 

私の場合であれば、記事の作成や友人との情報交換の場所に利用させてもらっています。

 

喫茶店のコーヒー提供金額相場

 

コメダやスターバックス、個人運営の喫茶店では、一般的にいわれているコーヒー(ブレンドコーヒーやアメリカンコーヒー)は1杯380円以上はします。

 

一方、ドトールのコーヒーはSサイズ1杯220円から注文することができます。

 

あまりに安いので劣化したコーヒーなのではないかと懸念する人もいるかもしれません。

 

なぜドトールのコーヒーはほかの喫茶店と比較して格安でコーヒーを飲めるのかというと、ドトールの創業者が多くの人に手軽にコーヒーを楽しんでもらいたいという理念でなりたっているからです。

 

そのため、どこかの国で廃棄されるようなコーヒー豆を使っているわけではありません。

 

むしろ、高級なお店ほど劣化したコーヒー豆や科学的な材料を使用していることがあるので注意が必要です。

 

ドトールコーヒーの値段設定

 

たくさんコーヒーを飲みたい人でも、サイズはS、M、Lとあるので自分でコーヒーを飲む量を調整することができます。

 

ちなみに、この記事を書いている時点では1サイズ上がるごとに50円づつ値段が上がっていきます。

 

Sサイズが220円ならMサイズは270円、Lサイズは320円となっています。

 

ただ、豪華さはスターバックスより見劣りはします。

 

そのため、豪華で優雅なほうが作業がはかどるという人はスターバックスなどの環境が良いかもしれません。

 

費用対効果を考えて、作業効率が上がる環境を利用してください。

 

ドトールコーヒーの通信環境

 

ドトールでは、wi-fiを3時間まで無料で使うことができます。ただ、登録方法が少し面倒です。

 

まず、通信環境があるところからゲストコードを取得しなければなりません。

 

ゲストコードを入手後に、所定の欄に打ち込むことでwi-fiを使うことができるようになります。

 

また、3時間経過するたびにゲストコードを取得しなければなりません。

 

一方、スターバックスでは1度無料登録を行うだけで何度来店しても自動でwi-fiに接続できます。

 

ドトールのモーニング

 

ドトールは、通常の喫茶店のようにモーニングが提供されています。

 

値段はコーヒーのサイズによりますが、この記事を書いている時点ではSサイズで390円から選ぶことができます。

 

コーヒーの種類も豊富に揃えてあります。ただ、値段は違います。

 

年中無休で提供されており、時間帯は5:00から10:30のあいだとなっています。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ