願いを人に言うと叶わないとされている理由

スポンサードリンク

願いを人に言うと叶わないとされている理由

あなたは、「願いごとは人に言ったら絶対に叶わない」と聞いたことがあるのではないでしょうか。この言葉は間違いではありません。今回は、この理由について説明していきます。

 

人に願いを伝えてしまうとどうなるのか

 

本気で叶えたい願いというものは、他人からすると実現が困難に思えるものが多いものです。難しいからこそ叶えたいと思う願いがほとんどなハズです。すでに願いが叶っていることを願う人はいないでしょうから。

 

このような事実を知ったうえで、あなたが本気で叶えたいと思っている願いがあったとしましょう。

 

願いを他人に伝えてしまうと、他人が聞いて「困難な願いだな・・・」と思われてしまったら高い確率で「そりゃ難しいな」「それは無理でしょ」などと無邪気に口にだされかねません。

 

また、言葉にしなくても「そりゃ無理でしょ」といっているかのような態度をとられたり、馬鹿にするような空気をだすかもしれません。そのため、心に火がついてきたところに思い切り水をぶっかけられて火が消えます。

 

このような人のやる気を台無しにするような人達のことを「ドリームキラー」と呼びます。「不幸な人」と言い換えてもかまいません。不幸な人が吐く言葉は、もの凄い勢いで人のやる気を阻害します。

 

人間はそんなに強い人ばかりではありません。非常に精神力の強い人であっても、失敗やうまくいかないときに言われた言葉や態度が頭の中をよぎって非常に嫌な気持ちになってしまうでしょう。

 

そのため、願いを叶えるための行動が手につかなくなってしまうことが多くなります。行動しなくなってしまうので、願いが叶うことがなくなります。

 

ドリームキラーの特徴

 

あなたは、世の中にどれくらいのドリームキラーが存在していると思うでしょうか。残念かもしれませんが9割以上の人はドリームキラーだと思っていたほうが良いでしょう。友達は当然のことながら親でさえドリームキラーになりかねません。

 

ただ、ドリームキラーの人たちは自分の常識の範囲内のことを無邪気に話しているだけなのです。あるいは、良かれと思って口にだすかもしれません。人の夢をぶち壊している自覚がないところが非常に厄介なところです。

 

ただ、何度も書きますがドリームキラーの人たちに悪気はないのです。

 

このような理由から、あなたの願いは人に言わないほうが良いのです。どうしても言いたいのであれば、願いが叶った後にしましょう。願いが叶った後であれば、ドリームキラーはあなたを認めざるをえませんから。

 

願いは叶うようにできている

 

科学的に証明されているのですが、人は願いごとをするだけで願いが叶うようになっています。

 

例えば、「○○大学に合格したい」「億万長者になりたい」「豊かな人生をおくりたい」「素敵な彼氏彼女が欲しい」などの願いがあるとしましょう。

 

こういった願いは、あなたの潜在意識にすりこまれます。潜在意識とは、簡単に説明すると無意識の脳の領域のことをいいます。

 

一方、普段私たちが考えごとをするときに使っている脳の領域を顕在意識といいます。

 

顕在意識が脳の領域を5%しか使っていないのに対して、潜在意識は95%もの脳の領域を支配していると科学的に証明されています。つまり、願っているだけで夢を叶える行動を自分が自動でしてくれるのです。

 

ただ、常に夢を叶えることばかりを考えている必要はありません。常に考えているということは、顕在意識が動いているだけなのです。また、常に夢を叶えることばかり考えていると疲れてしまうでしょう。

 

願いがあるということは、その道へ進もうと無意識に行動するはずです。

 

○○大学に本気で合格したいのであれば、そのための勉強を毎日するはずです。億万長者になりたければ、そのための情報収集をしたり勉強をするはずです。

 

豊かな人生を送りたいのであれば、そのためにはどうしたら良いのか日々考えて行動するはずです。素敵な彼氏彼女が欲しいのであれば、素敵な彼氏彼女に相応しい恰好、仕草、態度を身につけようとするはずです。

 

潜在意識を使うときの注意点

 

このような理由で、潜在意識を使いこなすことができるようになれば願いごとはどんなことも叶うとされています。ただ、潜在意識はとんでもない力を秘めているのですが、最後の1フレーズの願いごとしか叶えてくれません。

 

そのため、「億万長者になりたい」と強く願ったとしても、「そんなの無理だよな・・・」と最後に思ってしまったり、「なれるワケないか・・・」と考えてしまうと最後の1フレーズの願いを叶えられてしまいます。

 

つまり、「億万長者になりたいけど無駄だよな」と願っているのと同じになってしまいます。そして、「無理だ」という願いを潜在意識は叶えてしまうのです。

 

そのため、無意識に「無理だ」と思っているので億万長者になるための行動を積み重ねることがなくなります。また、億万長者になるための情報アンテナが鈍感になってしまい、良い情報だったとしても右から左に流れていってしまうのです。

 

そうではなく、「億万長者になりたけど無理だよな・・・でも億万長者になる!」と強く願わなくてはなりません。結局のところ、夢は自分で行動して叶えるしかないのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ