願いを人に言うと叶わないとされている理由

スポンサードリンク

願いを人に言うと叶わないとされている理由

神社やお寺に行くと、まずはお賽銭箱(おさいせんばこ)に小銭を投げ入れます。そして、大きな鈴を鳴らして神様を呼びます。その後、願いごとを頭の中で思い浮かべて神様に願いを叶えてもらえるように願うと思います。

 

願ったあと、「願いごとは人に言ったら絶対に叶わない」と聞いたことがあるのではないでしょうか。今回は、この理由について説明していきます。

 

願いは叶うようにできている

 

科学的に証明されているのですが、人は願いごとをするだけで願いが叶うようになっています。

 

例えば、「○○大学に合格したい」「億万長者になりたい」「豊かな人生をおくりたい」「素敵な彼氏彼女が欲しい」などがあると思います。

 

こういった願いは、あなたの潜在意識にすりこまれます。潜在意識とは、簡単に説明すると無意識の脳の領域のことをいいます。一方、普段私たちが考えごとをするときに使っている脳の領域を顕在意識といいます。

 

顕在意識が脳の領域を5%しか使っていないことに対して、潜在意識は95%もの脳の領域を使うと科学的に証明されています。

 

そのため、潜在意識を使いこなすことができるようになれば、どんな願いごとも叶うとされています。

 

ただ、潜在意識はとんでもない力を秘めているのですが、最後の1フレーズの願いごとしか叶えてくれません。

 

そのため、「億万長者になりたい」と強く願ったとしても、「そんなの無理だよな・・・」と最後に思ってしまったり、「なれるワケないか・・・」と考えてしまうと最後の1フレーズの願いを叶えられてしまいます。

 

つまり、「億万長者になりたいけど無駄だよな」と願っているのと同じになってしまいます。そして、「無理だ」という願いを潜在意識は叶えてしまうのです。

 

人に願いを伝えてしまうとどうなるのか

 

本気で叶えたい願いというものは、他人からすると実現が困難に思えるものが多いものです。難しいからこそ叶えたいと思う願いがほとんどなハズです。すでに願いが叶っていることを願う人はいないでしょうから。

 

このような事実を知ったうえで、あなたが本気で叶えたいと思っている願いがあったとしましょう。

 

願いを他人に伝えてしまうと、他人が聞いて「困難な願いだな・・・」などと思われてしまったら高い確率で「そりゃ難しいな」「それは無理でしょ」などと無邪気に口にだされかねません。

 

また、言葉にしなくても「そりゃ無理でしょ」といっているかのような態度をとられたり、馬鹿にするような空気をだすかもしれません。

 

このような人のやる気を台無しにするような人達のことを「ドリームキラー」と呼びます。「不幸な人」と言い換えてもかまいません。不幸な人が吐く言葉は、もの凄い勢いで人のやる気を阻害します。

 

心に火がついてきたところに思い切り水をぶっかけられます。非常に精神力の強い人であれば気にならないかもしれませんが、人間はそんなに強い人ばかりではありません。

 

多くの場合は、これからやろうとしていたことが手につかなくなってしまうでしょう。行動しなくなってしまうので、当然願いが叶うことがありません。

 

ドリームキラーの特徴

 

あなたは、世の中にどれくらいのドリームキラーが存在していると思うでしょうか。残念かもしれませんが80%以上の人はドリームキラーだと思っていたほうが無難です。友達は当然のことながら親でさえドリームキラーになりかねません。

 

ただ、ドリームキラーの人たちは自分の常識の範囲内のことを無邪気に話しているだけです。本当に悪いと思えば性格の悪い人でない限り口にださないでしょう。ドリームキラーの人たちに悪気はないのです。

 

人の夢をぶち壊している自覚がないところが非常に厄介なところです。

 

このような理由から、あなたの願いは人に言わないほうが良いのです。どうしても言いたいのであれば、願いが叶った後にしましょう。願いが叶った後であれば、ドリームキラーはあなたを認めざるをえませんから。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ