人間関係は中身を磨いてから構築しなければならない

スポンサードリンク

人間関係は中身を磨いてから構築しなければならない

年齢を重ねてくると寂しくなってくるものです。特に結婚したこともなく子供もいない人はそうなります。また、劣等感が高く人に偉ぶっている人には人が寄りつきません。そのため、50歳を超えてくると孤独なことに気がつきます。

 

もっと若い時から自分の魅力のなさに気づいていればよかったのですが、中身が悪い状態で認知を広めても悪い評判が広がるだけです。

 

そんな孤独な人になりたくなければ、できるだけ自分の中身を常日頃から磨き続けていなければなりません。高い人間性が良い人間関係を構築できるのです。高い人間性を身につけた後に認知を広めていけば、年齢を重ねても良い人間関係を築ける人になることができます。

 

人が寄り付かない人の特徴

 

目上には弱いが目下には偉ぶっている。敬称をつけない(君やさん)。お金がないが口癖。感謝がない。不平不満や特定の人の悪口を言わない日がない。話しかけないと話かけられない。このような人は寂しさのあまりホステスやキャバクラ、ラウンジなどの風俗通いになりがちです。

 

当然お金の使いすぎになるのでお金に困ります。また、表面上だけ人がよりついてくることがあります。それは、会社です。会社で役職を持っている人には人が寄ってきます。ただ、99%表面上だけの人間関係です。

 

その人の人柄に憧れたり敬ったり尊敬して人がよりついてきているわけではありません。そのため、どんなに部下にご飯を奢ったりしても、役職がなくなれば人が離れていきます。役職と言う名札がなくても人がよってくる人間性を身につけなければなりません。

 

人が寄り付いてくる人の特徴

 

人が寄り付いてくる人の特徴は、人が寄り付かない人と逆になります。目上に対しても目下に対しても誰に対しても丁寧で礼儀正しいです。誰に対しても敬称(君やさん)をつけます。ささいなことでもしてもらったことには感謝をします。

 

不平不満や悪口を言いません。話しかけやすいので誰からも気軽に話しかけられます。常日頃から人を助けているので助けられます。このような人間性を身に付けておかないと、歳を重ねて何も持っていないと誰からも相手にされません。

 

誰からも相手にされないどころか、誰からも鼻をつままれるような人間になります。鼻をつままれるような人間性で人に近づいていれば、鼻をつまむ人が増えるだけです。

 

匂いをかぎたいと思われるようになってから人に自分から近づいていきましょう。そのためには、常日頃から清潔で見た目を整えましょう。さらに人間性も磨いて常に輝いている人になりましょう。よく見かける多くの人は、見た目はきれいにしているけれど中身が伴っていない人がほとんどです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ