名刺は自分自身を売り込む名札

スポンサードリンク

名刺は自分自身を売り込む名札

社会人として社外のお客様に出会うと、ほとんどの場合は名刺交換をします。名刺の役割は、会社を覚えてもらうことはもちろんですが、個人を覚えてもらうことが最も重要です。

 

お客様は、商品や会社を見ているワケではありません。営業マンしか見ていないといっても過言ではありません。営業マンが信用できる人なのかどうかしか見ていないのです。

 

見込みのお客様が、何かを依頼したいと考えたとき、思い出してもらえるような工夫をしておかなければなりません。小さな白い紙に文字だけ書かれているような名刺では、まったく記憶に残りません。

 

そんなとき、どの名刺を見ても会社の看板を売り込むような名刺がほとんどです。

 

私からすれば、どの会社も同じような文字だけ並べてある紙きれだと言えます。そのため、どの名刺も全く興味を惹きません。そのような名刺はすぐに忘れ去られて捨てられてしまいます。

 

何をしている企業なのかも興味がでないので、ホームページを調べられることもありません。そのため、やる気のない特徴もない名刺はゴミと同じと言えます。

 

一方、会社名や名前、役職、資格などが書かれていることはもちろんのこと、顔写真や自分に似た顔が簡単なイラストで描かれているような名刺であればどうでしょうか。とても捨てづらい名刺になります。

 

名刺は交換したらすぐに名刺入れやポケットなどにしまわれてしまいます。そのため、特徴のない名刺だとそのまま封印されて2度と見返すことはありません。

 

しかし、接客したあとに特徴的な人だったと感じれば、名刺を取り出して見返す可能性は高まります。さらに、名刺の裏にあなたの趣味やどんな人なのかを名刺に書かれているとどうでしょう。

 

とても興味が持てる名刺になると言えます。

 

その人の人柄がある程度わかるので、会社にも興味を持ち始めてもらえます。

 

もしも競合他社の名刺が氏名とメールアドレス、会社名しか書かれていないような質素な名刺であればどうでしょうか。「面白い人だったな」で名刺を捨てられてしまうかもしれません。

 

なぜなら、質素な名刺は印象に残らないからです。とてもインパクトのある人であれば、名刺に関係なく覚えられるかもしませんが、なかなかそのような人が接客に回ることはありません。

 

それと比較して、顔写真や簡易的なイラスト、趣味、どんな人などが描かれている名刺であればどうでしょうか。

 

面白い人だったうえに、名刺も特徴的で捨てずらいのであれば、どこかのタイミングで思い出して会社を利用してもらえる可能性が高まります。

 

そのため、名刺で少しでも差をつけておけば、お客様に覚えてもらえる可能性は高くなります。

 

経費を抑えるということは企業であっても非常に重要なことです。ただ、重要なことに関してはお金をケチっている場合ではありません。

 

特徴のない名刺は、ゴミも同じなので配られてもお客様は迷惑すると思ってください。テレビと同じように、エンターテイメント性のある名刺にすることで広告効果のある名刺にすることができるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ