独身で子どもをすぐに作りたい人におススメする方法

スポンサードリンク

独身で子どもをすぐに作りたい人におススメする方法

あなたが、独身だけど子どもがすぐにでも欲しいと考えているのであれば、「選挙活動にボランティアとして参加」してみてください。

 

実は、選挙活動にボランティアとして参加すると、同じように参加した人たちとの結束力が非常に高まります。そのため、選挙が終わってからでも友人関係が続いていることが多くあります。

 

その延長線上で、男と女の関係も非常に高まるようです。選挙が終わった後、ボランティアの参加がきっかけで結婚にいたる話が頻繁にあります。そのうえ、子どもを授かる夫婦が多く誕生しています。つまり、「授かり婚」です。

 

これは業界の中では有名な話で、ほぼ間違いなく選挙のたびに子どもを授かる夫婦の話を聞くそうです。

 

多くの人は、選挙に立候補するような奴は金が目当てだと思い込んでいます。ところが、実際はそうでもありません。本当に心の底から社会を良くしたいと考える人が立候補しています。

 

そのため、立候補者の支援としてボランティアに参加した人たちは、心の底から出馬した人を当選させようと援助します。すると、サッカーのサポーターや好きなアーティストのコンサートのような一体感が生まれます。

 

立候補者を当選させるという目標に向かって、一丸となって懸命に活動するのです。そのため、立候補者が落選すれば、本当に心の底から皆で泣きあいます。逆に、当選すれば涙を流して皆で喜びあいます。それほどの一体感が生まれるのです。

 

婚活サイトに登録しても良縁は少ない

 

婚活サイトに登録しても、非常に高い確率で離婚する夫婦が多いです。その離婚率は57%とすら言われています。また、婚活サイトはお金目当ての人が異様に多くいます。

 

あるテレビ番組で調査されたことがあるのですが、まったく同一人物の男性画像を使って、職業と年収を変えて登録してみたのです。

 

一方は、職業が弁護士で年収は2,000万円です。一方は、会社員で年収が400万円です。このような条件の違いで、どれくらいの反応率に違いがあるのか調査したのです。

 

結果は、弁護士で年収2,000万円の方が圧倒的に多くの反応がありました。一方、会社員で年収が400万円の条件では、反応がまったく無かったのです。この調査からわかることは、お金目当ての女性が多いということです。

 

そのような場所で結婚相手を探しても、良いパートナーと巡り合えるとは思えません。また、結婚相談所や婚活サイトに登録するとお金が掛かります。

 

それよりも、選挙活動にボランティアとして参加したほうが、末永く一緒に人生を歩んでいける良いパートナーと巡り合える可能性は高いと言えます。ただ、労力は必要になります。

 

ボランティアなので報酬は出ませんが、お金を支払う必要もありません。無償で労力を提供する男女の集まりなので、日頃の活動を見ているだけで素晴らしい人なのかそうでないのかわかるはずです。

 

相手も特に意識していないでしょうから、飾ることは少ないことでしょう。そのため、ありのままの人間性を確かめることができます。

 

また、ボランティアで活動しようと考えるような人たちなので、お金目当ての人は非常に少ないと言えます。お金目当ての人は、そもそもボランティアをしようなどとは考えません。選挙活動のボランティアに参加してるだけで、人間性が素晴らしい可能性が高いのです。

 

結婚相手の見極め方

 

前述では、ボランティア活動に参加する人は人間性が高いと話ましたが、参加している全員の人間性が素晴らしいとは限りません。

 

中には、ボランティアを嫌々している人がいます。ボランティアをしているほうが、「良い人間と思ってもらえる」という理由でボランティアに参加している人が存在するのです。

 

そのような人を結婚相手に選んではいけません。どこかのタイミングで離婚するからです。どうせなら、一生仲睦まじく切磋琢磨していけるパートナーが理想です。

 

では、どのようにボランティアをしている人を見極めるのかと言うと、「陰口を言っている人」には気をつけなければなりません。

 

なぜ、ボランティアなのにサボっている人を見かけると陰口を言うのでしょうか。それは、自分が嫌々ボランティアをしているからです。

 

このような考え方の人は、足を引っ張る考え方をしていると言えます。他人の行動が気になる自分に自信の無い人です。そもそも、何の報酬も無しに参加しているのですから、サボっていようが活動していようが関係ありません。

 

良い社会環境にしようと考える立候補者を、少しでも助けたいからボランティアに参加しているはずです。愚痴っている暇があれば、少しでも立候補者のプラスになるボランティア活動をしていた方が有益です。

 

他人の責任にする人と結婚した後の生活はどうなるのか想像してみてください。必ず自分ではない何かを責めます。自分の責任は一切考えず、何かの責任にしようとする怠慢な人が多いです。

 

このような人と結婚しても、「あなたの稼ぎが悪い」「お隣さんが悪い」「こんな生活耐えられない」など不快な言葉をまき散らします。そのうち嫌気がさして、離婚するのは目に見えています。

 

一方、前向きに支援を楽しんでいる人は率先して活動します。口を動かしているより行動量の方が圧倒的に多いです。このような人は、他人の責任にしない人だと言えます。他人の責任にしない人は、口を動かす力を行動に使います。

 

あなたが、離婚せずに一生傍で支援し合えるような夫婦になりたいのであれば、何かの責任にするような人かどうか見極めなければなりません。最終的には、あなたの「人を見る目」が試されます。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ