贈答品の選び方:知恵を使うと格安にできる

スポンサードリンク

贈答品の選び方:知恵を使うと格安にできる

お歳暮やお中元、出産祝いのお返し(内祝い)などの贈答品は割高です。基本的に贈り物でお金について細かく考える人は少ないからです。これについては販売者側も理解しています。

 

そのため、普通にスーパーなどで購入すれば1,500円もしない洗剤などが3,000円で贈答用として販売されていることがほとんどです。

 

贈答品が高額なカラクリ

 

昔からの習わしで、贈り物などの金額についてとやかく言うことは恥ずかしいことだと年配の方ほど考えると思います。

 

そのような空気感が世代を超えて孫の代まで何となく伝わってきています。

 

また、お返しをする側は時間を掛けて相手のことを考えて贈り物をするのは面倒な作業になります。そのため、いただいた品物の半額分の品物を贈り返しておけば簡単です。

 

このような理由から、販売者は贈答品の値段を割高に設定しています。

 

そして、お返しを貰う側はそれなりに高級に見える贈答品が手に入ります。お返しを渡す側も時間を短縮できて助かります。また、販売者も割高に商品を販売できるので満足します。

 

そのため、贈答品は三方良しの方法だと言えます。ただ、少し知恵を絞るだけでさらに3方が良くなる方法があります。

 

贈答品の購入に知恵を使う

 

前述の通り、贈り物は既存の贈答品を購入して贈っておけば簡単です。しかし、知恵を使えば贈り側にさらに喜んでもらえるうえに、あなたにもメリットがあります。

 

例えば、贈る相手が企業の社長だった場合、一般的な贈り物では社長は見飽きているはずです。一企業の社長ともなれば、客先や社員にさまざまな贈り物をしているはずです。

 

その分、お返しなどもたくさん貰っています。そして、ほとんどの場合は無難に同じような贈答品が送られていると思います。

 

そんな中、あなたも同じように無難な贈答品を贈っても気が利いていません。

 

お返しをしようと考えたとき、相手の欲しい物を送ったほうが喜ばれます。多くの人は、相手のことを考えずにタオルや洗剤などの消耗品を割高な金額を支払って送っています。

 

洗剤であれば、スーパーの割引率が大きい日にまとめ買いをして、贈答用の箱に入れて贈れば安くすみます。そのうえ、相手は金額については一切知りようがないので、割高な贈答用の品物となんら遜色はありません。

 

一方、時間をかけて相手の欲しがる物を調査し、インターネット上で最安値でいて評価の高い物を贈れば、コストパフォーマンスが高いうえに喜ばれることは間違いありません。

 

知恵を使った贈答品の実例

 

例えば、私がお世話になっている企業の社長は、社員に子どもが産まれると出産祝いを贈ります。1万円前後分の子ども服を贈るのです。実際に私は社長から出産祝いを贈っていただきました。

 

お返しをした商品の価格は送料込みで2,500円程度です。

 

一般的には半額返しと言われていますが、私は4分の1返しにしました。その代わりに、時間と労力を使ってインターネット上で良い贈り物はないかと探し回りました。

 

社長はお酒が好きだと噂では聞いていましたが、70歳近いご高齢です。また、私の耳に入ってきているほどの噂なので、色々な人からお酒を贈られているに違いありません。

 

そこで私が考えたのは、「美味しいうえに健康になり邪魔にならない商品」です。私が時間を掛けて辿り着いた贈り物は、青森県産の1,000ml×6本ビンのリンゴジュースでした。

 

このリンゴジュースは数々の賞を受賞しているうえに、先に購入しているお客様からのレビューはほとんどの人が大絶賛でリピート買いの人もたくさんいます。

 

私自身が実際に購入して飲んだわけではありませんが、商品ページを見ていて私の分も購入してしまおうかと思ってしまったほどの商品です。

 

また、ペットボトルを容器にしている飲料は不思議と風味が下がります。一方、ビンであると生のジュースは風味が落ちません。そういったところも気に入りました。

 

この商品は贈答用専門ではありませんでしたが、のしを付けることも可能だったので注文時にお願いしました。

 

結果、商品が届いた翌日に社長と社長夫人から「本当に美味しいリンゴジュースをありがとう」と嘘偽りのない満面の笑みでお礼の言葉をくださいました。

 

このように、気持ちを込めて自分でも欲しいと思えるような商品を贈答用にすることによって、贈られる側に心から喜んでいただけます。

 

そして、贈った側の私もパフォーマンスが高い贈答品を贈れるうえに、コストを下げることができるので手元に多くお金を残すことができます。お金を無駄に多く支払っても自己満足になるだけです。

 

そして、本当に良い商品を販売したいと考えている販売者も喜びます。このように、あなたが時間と労力、知恵を使うことによって、さらに良い3方良しができるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ