介護保険料は40歳から強制徴収されはじめる

スポンサードリンク

介護保険料は40歳から強制徴収されはじめる

会社員は、40歳になると介護保険料を強制徴収されはじめます。給与から強制的に毎月天引きされはじめます。そして、66歳になるまで支払い続けなければなりません。

 

増税期間は「66歳-40歳=25年間」にも及びます。

 

介護保険料の仕組み

 

介護保険料は、健康保険と厚生年金保険と同じように4月から6月の平均月収(報酬月額)から算出されます。7月から翌年の3月までの報酬月額は関係無いのです。

 

また、所得税のように年収から算出されるワケではありません。

 

そのため、できるだけ4月から6月は残業を控えたほうが保険料を抑えることができると言えます。可能であれば、4月から6月の仕事量を7月から翌年の3月に持ち越したほうが保険料を抑えることができます。

 

4月から6月は残業を控え、7月から翌年の3月に思い切り残業したほうが節税することができると言えます。

 

介護保険料の具体例

 

例えば、あなたの基本給が24万9,000円だったとしましょう。残業を4月から6月一切しなかったとすると、4月から6月の平均月収(報酬月額)は24万9,000円ということになります。

 

そのほかにも、役職手当や住宅手当などの課税対象になる手当てがあれば、さらに含めなければなりません。ただ、交通費や食事手当てなどの非課税分の手当ては除いてください。

 

24万9,000円の報酬月額を、「健康保険の保険料額表」とGOOGLEなどの検索エンジンで調べると
でてくる表に当てはめてください。

 

「健康保険の保険料額表」に、報酬月額が24万9,000円を当てはめてみると、健康保険料が1万1,964円で介護保険料をプラスすると1万3,860円となっています。(保険料額表は毎年更新されます この記事を書いている時点での保険料になります)

 

介護保険料だけを算出すると「1万3,860円-1万1,964円=1,896円」が介護保険料ということが理解できます。

 

報酬月額が24万9,000円の人は、40歳になった時点で毎月1,896円の負担が増えことになります。1年間に換算すると、「1,896円×12カ月=2万2,752円」の負担増ということが理解できます。

 

さらに、介護保険料は25年間徴収され続けます。25年分に換算すると、「2万2,752円×25年間=56万8,800円」になります。25年間で、介護保険料だけで56万8,800円を国に収めることになります。

 

介護保険料は報酬月額が高いと高くなる

 

介護保険料は、4月から6月の平均月収(報酬月額)が高ければ高いほど高くなっていきます。例えば、4月から6月の報酬月額が33万1,000円だったとしましょう。

 

先ほどと同じように、健康保険の保険料額表に当てはめてみると、健康保険料は1万6,949円で、介護保険料を含めると1万9,635円になります。

 

介護保険料だけで「1万9,635円-1万6,949円=2,686円」ということになります。1年間に換算すると、「2,686円×12カ月=3万2,232円」の負担増ということになります。

 

25年間に換算すると、「3万2,232円×25年間=80万5,800円」になります。

 

また、4月から6月の報酬月額が高いと、介護保険ばかりか健康保険と厚生年金も同じように高額になっていきます。

 

国が運営する介護保険は、民間の保険会社のように支払う金額が高くなってもサービスが良くなるワケではありません。高い保険料を支払おうが、安い保険料を支払おうがサービス内容に変わりはありません。

 

そのため、できるだけ4月から6月は報酬月額を上げないように残業を控えたほうが賢明と言えます。

 

ボーナスでも介護保険料は徴収される

 

ボーナスにも介護保険料は適応されます。算出方法は、4月から6月の報酬月額とは別の算出方法になっています。

 

仮に、年に2回賞与がある会社であれば、2回分合計した金額を2で割った金額が報酬月額になります。

 

例えば、1回目の賞与額が50万円、2回目が60万円だったとしましょう。報酬月額は、「50万円+60万円÷2=55万円」になります。この金額を先ほどと同じように、「健康保険の保険料額表」に当てはめます。

 

すると、健康保険料が2万7,916円、介護保険料を含めると3万2,340円になることが理解できます。

 

1回の賞与で介護保険料は「3万2,340円-2万7,916円=4,424円」徴収されることになります。2回分で、「4,424円×2回=8,848円」の介護保険料になります。

 

25年間支払い続けなければならないので、ボーナス分の介護保険料だけで、「8,848円×25年間=22万1,200円」になります。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ