住宅ローン金利は交渉次第で引き下げられる

スポンサードリンク

住宅ローン金利は交渉次第で引き下げられる

マイホームを購入したほとんどの人は住宅ローンを利用しています。私の場合であれば、三菱東京UFJ銀行で0.975%の変動金利で2,900万円を35年返済の契約で借りています。

 

この住宅ローン金利は、マイホームを購入するときに銀行から提示される金利で35年間支払い続けることがほとんどです。

 

ただ、私の場合であれば2年経過したころに0.975%から0.875%に金利を引き下げてもらえました。私は最初から変動金利にしていたので、固定金利から変動金利に変更したわけではありません。

 

金利を引き下げる交渉術

 

住宅ローンの金利を引き下げようと考える人はほとんどいません。なぜなら、1度決まった金利が下がるとは思えないからです。

 

ですが、金利を引き下げる方法はあります。その方法とは、住宅ローンを借りている銀行に電話をかけて、何かしらの理由をつけて「住宅ローンを引き下げてください」と言ってみるだけです。

 

実際に私はこの方法で毎年の金利0.1%を引き下げることに成功しました。ある日、銀行のホームページを見ていると、当時契約した店頭表示金利よりも0.1%低くなっていました。

 

これを見た私は、交渉次第では金利を引き下げられるかもしれないと考えました。

 

そして、まずは他の銀行の金利をチェックして、今借りている銀行より安い金利がないか調査しました。その結果、インターネット専門の銀行が0.3%も金利が低かったのです。

 

しかし、実際借り換えることを考えると、事務手数料2%や登記費用が20万もかかります。1500万円借り換えるだけでも「1500万円×事務手数料2%+登記費用20万円=50万円」以上は必要になります。

 

なので、本当に借り換えをするのは得策ではありません。しかし、銀行は金利が低いことにつられて本当に借り換えをされてしまうと困ります。その後も得られるであろう飯のタネ(金利)が1円も入ってこなくなるためです。

 

そのため、1度だけ温情をかけてもらえるようです。なので、本当に借り換えをするつもりはなくとも、以下のように交渉してみてください。

 

「○○銀行の金利の方が低くて借り換えを検討しようと思っています。しかし、せっかくのご縁でお付き合いさせていただいた今の銀行を変えるのも忍びないと思っています。何とか金利を低くしてもらえないでしょうか 」とダメで元々と考えてお願いしてみてください。

 

確率は100%ではないかもしれませんが、0.1%の引き下げだけならと認めてもらうことができます。

 

ただし、「今後もし店頭表示金利がこれ以上引き下がっても、これ以上は引き下げない」という条件付きにはされます。これによって削減できる金額は大きな数字になります。

 

金利0.1%の削減効果

 

計算してみると、当時、私の借入残高は2,600万円、経過年数は2年ほどでした。住宅ローンは残高に対して年利でかけられます。例えば2600万円の残債で金利が1%だとすると「2,600万円×1%=26万円」の金利を毎年支払はなくてはなりません。

 

これを35年間支払い続けるので、「26万×35年間=910万円」もの金利になります。実際は元金が年々減っていきますから、毎年26万円ではなく、24万円、23万円と金利は低くなっていきます。

 

これと同じことが言えます。「2600万円×0.1%=2万6千円」もの金額を削減することができたのです。しかも、引き下げてもらえた年から住宅ローンの完済までこの効果はつづきます。

 

私の場合であれば債務が「35年-2年=33年」まだ残っていましたので、単純計算をすると「2万6,000円×33年間=85万8,000円」の削減効果になりました。

 

さらに、この削減できた金利分を一部繰り上げ返済にまわせば、さらに加速して住宅ローンの完済を早めることができます。

 

2度目の交渉

 

金利を引き下げてもらってから2年が経過したころ、三菱東京UFJ銀行のホームページをみていたところ、変動金利がさらに0.1%低くなっていました。

 

これを見た私は、早速銀行へ電話を掛けてみました。そして、前回と同じことを言ってみました。

 

銀行からの回答は「前回申し上げましたが、新規に借りる方を対象とした金利となっているため、もし他銀行へ借り換えをされるとしても今回は引き下げることはできません。」という回答でした。

 

残念ながら1度しかチャンスはないようです。この情報を元に、チャンスを掴み取ってください。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

マンション管理費を削減する方法
マンション管理費等の内訳
分譲マンションの購入後にかかる固定費
住宅ローンの変動金利が上がる予兆を知る
住居費用の割合を年収から考える
都内では自動車を所有する必要性はない
分譲マンションの中部屋と角部屋の利点(メリット)と欠点(デメリット)
エアコンや床暖房が必要ない「ジオパワーシステム」
電気代の基本料金を節約する方法
カーテンの必要性を考える
洗濯物にはかかせない「ピンチハンガー」のおすすめ品
夏を涼しく過ごす節約術
光熱費の種類:ガスと電気を比較考察してみる
エアコンの有効な使い方と必要性を考える
床暖房の費用対効果
住宅ローンの「繰上げ返済」が最高の資産運用術
マンション購入を後悔しない「3つの事実」
住宅ローン控除と固定資産税の罠
24時間換気システムを切ると48万円削減できる
分譲マンションの鉄部塗装の費用は高すぎる
ガス代金を節約する方法
マンションの高層階を購入するメリットとデメリット
鉄骨造の家は固定資産税が下がらない
AEDをマンションに設置する必要性を考える
宅配ボックス(マンション用)の維持費削減方法
中古マンションのメリットデメリット
お風呂や台所でお湯を沸かすお得な給湯器のおススメ品
ミストサウナの使い心地と感想
住宅ローン金利の種類は大きく分けると3つある
商品が安くなる原理を学ぶ
マンション共用部へ電子ブレーカーを導入しよう
戸建てを購入するときの4つの注意点
シャワーヘッドを取替えると節水できてガス代も減らせる
分譲マンションの管理費を削減するには「自主管理」が最強の管理術
分譲マンションで使われる電子錠(非接触キー)のメリットとデメリット
中古住宅を購入するときは手数料のない不動産仲介業者を選ぶ
臨時総会で賛成と反対を遺恨なく取り決める知恵
建て売り住宅(新築)を格安で購入する方法
プロパンガス(LPガス)の基本料金は安くすることができる
銀行で「借り換え」をするときの注意点
火災保険料は分譲マンションが圧倒的に安い
住宅ローンの繰上げ返済は「再計算方式」がリスクが低い
AEDレンタル料金を無料にする方法
住宅ローンの返済期間を延長する裏ワザ
浴槽についたヘアピンの錆びを除去する方法
電力会社を変更すると電気代を5%削減できる

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ