中古住宅を購入するときは手数料のない不動産仲介業者を選ぶ

スポンサードリンク

中古住宅を購入するときは手数料のない不動産仲介業者を選ぶ

あなたが中古住宅の購入を考えたとき、不動産仲介業者はどのように選ばれるでしょうか。多くの場合は知名度の高い不動産仲介業者を選びます。

 

普段からよく目にするため、何となく選ぶと言った理由が大半です。ただ、そのような考え方では100万円近い金額を失うことになります。

 

不動産仲介手数料の真実

 

中古住宅を購入すると、必ず仲介手数料が必要になります。実は、この費用は売り手と買い手のどちらからも課金されています。

 

例えば、2,500万円の分譲マンションを購入すると不動産仲介業者は売り手から「2,500万円×3%+α(アルファ)=75万円+α」を報酬として受け取ります。+αの部分は不動産仲介業者によって異なります。

 

+αの部分が無い業者もあれば、3万円から10万円をプラスする業者もあります。これと同時に買い手からも同じ金額を仲介手数料として得ています。

 

不動産仲介業者は合計すると「75万円+α×2倍=150万円+α」の報酬になっているのです。これが不動産業界の常識になっています。

 

売り手が2,500万円で売りたいと考えていても、買い手は2,575万円+αで購入することになります。そのため、よほど気に入った住宅でないと購入を渋られてしまいます。

 

購入の意思が高い買い手であれば、値切りの交渉をしてきます。売り手もできるだけ早く売却したいので交渉に応じることがほとんどです。

 

このような場合、売り手が妥協して仲介手数料分を差し引いた金額で売買契約に至るケースが多いようです。

 

不動産業界の常識を打ちやぶる戦略

 

前述したとおり、不動産業界は買い手と売り手の両方から仲介手数料を受け取ります。そのかわり、買い手と売り手を引き合わすための広告料は不動産会社がすべて捻出しています。仲介ができなければ報酬は一切ありません。

 

リスクはすべて不動産仲介業者が引き受けて完全成果報酬となっているのです。

 

ただ、近年ではこの不動産業界の常識を打ち破る戦略を打ち立てた女性が現れました。御年80歳を超える女性の社長です。まだ全国的に広まってはいませんが、買い手からの仲介手数料を取らない戦略をはじめています。

 

従来通りに売り手から売却価格の3%の報酬を受け取りますが、買い手からは一切報酬を受け取らないのです。こうなると買主にも売主にも非常に助かるサービスになります。

 

なぜなら、買い手は100万円近い仲介手数料を支払う必要がないので非常に助かります。また、売り手には一見するとメリットがないように感じますが、買い手の購入意欲が100万円値引かれた状況なので非常に購入されやすくなります。

 

しかも、不必要に値切られることも少なくなるので気持ちよく売却しやすくなります。

 

そして、不動産仲介業者は報酬が半分になってしまいますが、その分依頼が殺到するので市場の独占状態がつづきます。買い手、売り手、不動産仲介業者の3方良しの新たなビジネスモデルがはじまったのです。

 

ただ、このような革新的な事業をはじめると、従来の不動産仲介業者から反感を買います。実際、さきほど述べた女性社長は従来の不動産仲介業者からクレームを何度も受けてきたようです。

 

そのようなクレームを跳ね除けながら、今でも事業を続けられています。とても尊敬できる社長ですね。

 

まとめ

 

あなたが中古住宅を購入する意識が高いのであれば、買い手からの仲介手数料は一切受け取らない不動産仲介業者を選ばなければなりません。

 

不動産仲介業者を変えるだけで、100万円近い金額を節約することができるのです。浮いた金額をリフォーム代にまわしても良いですし、新しい洗濯機や冷蔵庫、大型テレビなどの購入費用にまわしても良いです。

 

逆を言えば、この情報を知らないだけで100万円近い金額を損することになるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

マンション管理費を削減する方法
マンション管理費等の内訳
分譲マンションの購入後にかかる固定費
住宅ローンの変動金利が上がる予兆を知る
住宅ローン金利は交渉次第で引き下げられる
住居費用の割合を年収から考える
都内では自動車を所有する必要性はない
分譲マンションの中部屋と角部屋の利点(メリット)と欠点(デメリット)
エアコンや床暖房が必要ない「ジオパワーシステム」
電気代の基本料金を節約する方法
カーテンの必要性を考える
洗濯物にはかかせない「ピンチハンガー」のおすすめ品
夏を涼しく過ごす節約術
光熱費の種類:ガスと電気を比較考察してみる
エアコンの有効な使い方と必要性を考える
床暖房の費用対効果
住宅ローンの「繰上げ返済」が最高の資産運用術
マンション購入を後悔しない「3つの事実」
住宅ローン控除と固定資産税の罠
24時間換気システムを切ると48万円削減できる
分譲マンションの鉄部塗装の費用は高すぎる
ガス代金を節約する方法
マンションの高層階を購入するメリットとデメリット
鉄骨造の家は固定資産税が下がらない
AEDをマンションに設置する必要性を考える
宅配ボックス(マンション用)の維持費削減方法
中古マンションのメリットデメリット
お風呂や台所でお湯を沸かすお得な給湯器のおススメ品
ミストサウナの使い心地と感想
住宅ローン金利の種類は大きく分けると3つある
商品が安くなる原理を学ぶ
マンション共用部へ電子ブレーカーを導入しよう
戸建てを購入するときの4つの注意点
シャワーヘッドを取替えると節水できてガス代も減らせる
分譲マンションの管理費を削減するには「自主管理」が最強の管理術
分譲マンションで使われる電子錠(非接触キー)のメリットとデメリット
臨時総会で賛成と反対を遺恨なく取り決める知恵
建て売り住宅(新築)を格安で購入する方法
プロパンガス(LPガス)の基本料金は安くすることができる
銀行で「借り換え」をするときの注意点
火災保険料は分譲マンションが圧倒的に安い
住宅ローンの繰上げ返済は「再計算方式」がリスクが低い
AEDレンタル料金を無料にする方法
住宅ローンの返済期間を延長する裏ワザ
浴槽についたヘアピンの錆びを除去する方法
電力会社を変更すると電気代を5%削減できる

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ