分譲マンションの管理費を削減するには自主管理が最強の管理術

スポンサードリンク

分譲マンションの管理費を削減するには「自主管理」が最強の管理術

分譲マンションを購入すると、99%の確率で予め管理会社が決められています。管理会社の主な業務は、専門業者の選択と依頼、管理人の派遣、住民間のクレーム対応、理事会の相談役などがあります。

 

分譲マンションの管理全般を仕切って実施してもらえるため、理事会は労力が少なくてすみます。しかし、一方では高額な管理委託費用が必要になっています。

 

例えば、私が住んでいる分譲マンションの管理委託費用は、管理人を雇う費用も含んで毎月20万円以上支払っています。1年間に換算すると、「20万円×12カ月=240万円」もの金額になっています。

 

また、エレベーターや自動ドアのメンテナンス、定期清掃などの専門業者へ支払う費用は別途必要になります。

 

管理委託費は0円にすることができる

 

あなたが毎年の管理委託費が240万円も支払うのは高過ぎると考えるのであれば、全額削減する方法があります。

 

外部の管理会社に委託せず、理事会を筆頭として住民全員で分譲マンションの管理をするだけです。この管理方法を「自主管理」といいます。

 

管理会社に頼らず、住民だけで管理をおこなうことで毎年240万円もの管理委託費を0円にすることができます。一度覚悟を決めて自主管理にしてしまえば、毎年240万円を生み出すのも同じです。

 

当然、将来的に予定されている管理費の値上げは阻止することができます。それどころか、毎月の管理費を値下げしても良いです。

 

10年続けば「240万円×10年=2,400万円」になります。30年続ければ「240万円×30年=7,200万円」もの削減になります。

 

ただ、自主管理することによって巨額の管理委託費を削減することはできますが、引き換えに労力と知識が必要になります。

 

少なくとも理事会が管理会社に匹敵するほどの知識を有していなければなりません。しかし、現実は分譲マンション管理に関しての有識者などほとんどいません。そのため、管理会社に高額の委託費用を支払っているのです。

 

ただ、実際に管理会社に委託しないで自主管理している分譲マンションは全国にあります。

 

自主管理にするための2つの最低条件

 

そもそも、なぜ管理会社に委託しているのかといえば、マンションに関しての管理知識を持った住民がいないからです。本来であれば、理事会が機能するのであれば管理会社は必要ありません。

 

ですが、現実の理事会は住民の中から嫌々選ばれた素人集団になります。どうしたら良いのか右往左往するのは間違いありません。そのために管理会社が必要になっています。

 

そのため、あなたが自主管理にしたいと考えるのであれば、まず最初に行わなければならないのは管理会社に匹敵する知識を有した人間になるか探さなくてはなりません。

 

運よく管理知識を有した住民がいれば、管理会社は必要ありません。その有識者にマンション管理を頼んでみましょう。しかし、無料で分譲マンションの管理全般をお願いするのは酷な話になります。思ったよりも時間と労力を必要とするからです。

 

そのため、マンション管理してもらう代価として毎月の管理費や修繕積立金、駐車場代などは支払わなくても良いという提案をしてみてください。

 

そのような提案ができれば、有識者の人は気合を入れて素晴らしい管理をしてくれます。

 

一方、有識者の人がいない場合は、マンション管理会社からマンション管理士への切り替えも検討してみましょう。

 

マンション管理士は個人で運営していることが多く、企業のように運営費用が高額になりません。主にマンション管理に関しての知識を有しているだけの存在です。

 

そのため、普段のマンション管理は理事会でなんとか運営して、困ったことがあったときにマンション管理士に相談する形にしておけば格安の管理委託費に抑えることができます。

 

2つ目に、管理会社と管理人はセットになっていることがほとんどです。そのため、管理人を外部委託にするのか、住民の輪番制などで管理人の代わりをしてくれる人を探さなくてはなりません。

 

費用を最優先に抑えたいのであれば、住民間で協力しあって管理人を輪番制などにしたほうが安くなります。ただ、労力と時間は引き換えになります。

 

一方、管理人を外部委託にするのであればシルバー人材センターが一番割安です。非営利団体なので一般的な相場の3分の2ほどの費用で請け負ってもらえます。そのほかの専門業者は、そのまま契約を続けるだけで問題ありません。

 

以上の2点を解決できるのであれば、あとは住民全員の半分以上の同意を得るだけです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

マンション管理費を削減する方法
マンション管理費等の内訳
分譲マンションの購入後にかかる固定費
住宅ローンの変動金利が上がる予兆を知る
住宅ローン金利は交渉次第で引き下げられる
住居費用の割合を年収から考える
都内では自動車を所有する必要性はない
分譲マンションの中部屋と角部屋の利点(メリット)と欠点(デメリット)
エアコンや床暖房が必要ない「ジオパワーシステム」
電気代の基本料金を節約する方法
カーテンの必要性を考える
洗濯物にはかかせない「ピンチハンガー」のおすすめ品
夏を涼しく過ごす節約術
光熱費の種類:ガスと電気を比較考察してみる
エアコンの有効な使い方と必要性を考える
床暖房の費用対効果
住宅ローンの「繰上げ返済」が最高の資産運用術
マンション購入を後悔しない「3つの事実」
住宅ローン控除と固定資産税の罠
24時間換気システムを切ると48万円削減できる
分譲マンションの鉄部塗装の費用は高すぎる
ガス代金を節約する方法
マンションの高層階を購入するメリットとデメリット
鉄骨造の家は固定資産税が下がらない
AEDをマンションに設置する必要性を考える
宅配ボックス(マンション用)の維持費削減方法
中古マンションのメリットデメリット
お風呂や台所でお湯を沸かすお得な給湯器のおススメ品
ミストサウナの使い心地と感想
住宅ローン金利の種類は大きく分けると3つある
商品が安くなる原理を学ぶ
マンション共用部へ電子ブレーカーを導入しよう
戸建てを購入するときの4つの注意点
シャワーヘッドを取替えると節水できてガス代も減らせる
分譲マンションで使われる電子錠(非接触キー)のメリットとデメリット
中古住宅を購入するときは手数料のない不動産仲介業者を選ぶ
臨時総会で賛成と反対を遺恨なく取り決める知恵
建て売り住宅(新築)を格安で購入する方法
プロパンガス(LPガス)の基本料金は安くすることができる
銀行で「借り換え」をするときの注意点
火災保険料は分譲マンションが圧倒的に安い
住宅ローンの繰上げ返済は「再計算方式」がリスクが低い
AEDレンタル料金を無料にする方法
住宅ローンの返済期間を延長する裏ワザ
浴槽についたヘアピンの錆びを除去する方法
電力会社を変更すると電気代を5%削減できる

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ