マンション管理費を削減する方法

スポンサードリンク

マンション管理費を削減する方法

あなたが賃貸住居から自分の城となる家を購入するときに、分譲マンションである場合は1戸建てと違ってマンション管理費が必要になります。

 

この管理費の使われ方を調べてみると、マンションによって違いがあります。しかし、おおよそ使われている費用は以下のようなものがあります。

 

 1、 管理人の雇用代
 2、 自動ドアの定期メンテナンス代
 3、 エレベーターの定期メンテナンス代
 4、 機械式駐車場の定期メンテナンス代
 5、 定期清掃代
 6、 管理会社の雇用代
 7、 インターネット接続料金
 8、 宅配ボックスのレンタル料金
 9、 AEDのレンタル料金
 10、植栽管理費用
 11、共用部維持費用

 

このように管理費と言っても、内訳を見ると多くの項目があることが理解できます。この管理費は分譲マンションを購入時にすでに決まっています。

 

もし管理会社が決まっていないと、マンションを購入した後にマンションの管理会社を入居者全員で決めなければならないため、とても面倒な作業になります。

 

しかし、この面倒な作業をしないばかりに管理費は管理会社の独占額になっています。

 

削減できる金額

 

私が入居しているマンションでは、マンション全44戸で管理費が1年間で250万円ほどでした。

 

この値段が妥当なのかは多くの人は判断しようとしません。しかし、私は発起人となり当時のマンション区分所有者と協力して1年間の管理費を165万円まで下げることに成功しました。85万円の削減です。

 

私のマンションは全44戸なので、1戸につき「85万円÷44戸=年間約1万9,300円」を削減できたことになります。50年間では「1万9,300円×50年=96万5,000円」にもなります。

 

全戸で計算すると「96万5,000円×44戸=約4,246万円」もの削減ができたのです。

 

しかし、本来であればもっと大きな削減ができるはずでした。当時、私の所有する分譲マンションは、竣工してから2年目程度でした。そのうえ、最大手のマンション販売会社が売主の分譲マンションでした。

 

購入された方の中には、ブランドを強く意識する人が多く存在していたため、管理会社の変更までは躊躇する結果となりました。

 

もし相見積もりの中で最安値を提示してくれた管理会社に変更できていれば、1年間の削減額は145万円にもなりました。計算すると「145万円÷85万円=約1.7倍」の違いがあります。

 

1戸につき1年間の削減額は「1万9,300円×1.7倍=3万2,800円」になっていました。10年間であれば、「3万2,800円×10年間=32万8,000円」になります。50年間であれば、「3万2,800円×50年間=164万円」になります。

 

全戸分であれば、50年間で「4,246万円×1.7倍=7,218万円」の削減効果があります。

 

これだけの金額を削減することができれば、削減した金額をすべて修繕積立金にまわすことで、将来の修繕積立金の値上げを抑えることや一時的に徴収されることを抑止できます。あるいは、毎月の固定費を下げることができます。

 

相見積もりは最強の値段交渉術

 

管理費を50年間で7,000万円以上削減する方法は、数社のマンション管理会社に相見積もりを依頼することです。そして、変更する予定の管理会社に協力を仰いでください。

 

この作業は、信頼できる人たちと協力して行ってください。反対派の人がいれば当然足を引っ張られます。

 

あとは、変更する予定の管理会社と協力してリプレイス(マンション管理会社の変更のこと)までの段取りを綿密にとってください。

 

相見積もりをせずに、管理費だけを削減して欲しい旨を管理会社に伝えても、何の根拠も無しに下げてはくれません。

 

管理会社の変更まではしたくなくとも、既存の管理会社に削減できる予定の金額を提示することができれば、減額は間違いなくできます。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

マンション管理費等の内訳
分譲マンションの購入後にかかる固定費
住宅ローンの変動金利が上がる予兆を知る
住宅ローン金利は交渉次第で引き下げられる
住居費用の割合を年収から考える
都内では自動車を所有する必要性はない
分譲マンションの中部屋と角部屋の利点(メリット)と欠点(デメリット)
エアコンや床暖房が必要ない「ジオパワーシステム」
電気代の基本料金を節約する方法
カーテンの必要性を考える
洗濯物にはかかせない「ピンチハンガー」のおすすめ品
夏を涼しく過ごす節約術
光熱費の種類:ガスと電気を比較考察してみる
エアコンの有効な使い方と必要性を考える
床暖房の費用対効果
住宅ローンの「繰上げ返済」が最高の資産運用術
マンション購入を後悔しない「3つの事実」
住宅ローン控除と固定資産税の罠
24時間換気システムを切ると48万円削減できる
分譲マンションの鉄部塗装の費用は高すぎる
ガス代金を節約する方法
マンションの高層階を購入するメリットとデメリット
鉄骨造の家は固定資産税が下がらない
AEDをマンションに設置する必要性を考える
宅配ボックス(マンション用)の維持費削減方法
中古マンションのメリットデメリット
お風呂や台所でお湯を沸かすお得な給湯器のおススメ品
ミストサウナの使い心地と感想
住宅ローン金利の種類は大きく分けると3つある
商品が安くなる原理を学ぶ
マンション共用部へ電子ブレーカーを導入しよう
戸建てを購入するときの4つの注意点
シャワーヘッドを取替えると節水できてガス代も減らせる
分譲マンションの管理費を削減するには「自主管理」が最強の管理術
分譲マンションで使われる電子錠(非接触キー)のメリットとデメリット
中古住宅を購入するときは手数料のない不動産仲介業者を選ぶ
臨時総会で賛成と反対を遺恨なく取り決める知恵
建て売り住宅(新築)を格安で購入する方法
プロパンガス(LPガス)の基本料金は安くすることができる
銀行で「借り換え」をするときの注意点
火災保険料は分譲マンションが圧倒的に安い
住宅ローンの繰上げ返済は「再計算方式」がリスクが低い
AEDレンタル料金を無料にする方法
住宅ローンの返済期間を延長する裏ワザ
浴槽についたヘアピンの錆びを除去する方法
電力会社を変更すると電気代を5%削減できる

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ