エアーチェック(タイヤの空気圧確認)をしないとお金を捨てているのも同じ

スポンサードリンク

エアーチェック(タイヤの空気圧確認)をしないとお金を捨てているのも同じ

エアーチェックとは、要するにタイヤに空気がどれほど入っているのか調べることです。自動車のタイヤの空気は、自然と抜けていきます。そのため、自動車に乗る頻度が高かったり長い間タイヤに空気を入れなかったりすると少なくなります。

 

タイヤの空気圧が少ないまま自動車を走行していると、デメリットがあります。

 

タイヤの空気圧が少ないと生じるデメリット

 

タイヤの空気圧が少ないまま走行していると、タイヤの回転率が悪くなるのでスムーズに前に進みづらくなります。タイヤの空気圧が適正なのであれば、惰性で走る距離が長くなります。

 

惰性で走る距離が長ければ長いほど燃費は良いと言えます。逆に、惰性で走る距離が短かければ短いほど燃費が悪いと言えます。

 

自転車を例にあげるとわかりやすくなります。自転車のタイヤの空気も自動車と同じように自然と抜けていきます。気づかないうちにタイヤの空気が抜けてくると、乗り心地が悪くなります。また、ペダルが重くなるので労力が増えます。

 

極端な話をすれば、タイヤに空気が入っていない状態で自転車をこいだことを想像してみてください。漕いでも前になかなか進みませんし、惰性走行がないので非常に疲れます。むしろ、自転車なしで歩いたほうが疲れないでしょう。

 

これは極端な例ですが、適正な空気圧のタイヤで走行しないと労力がかかるということです。自転車であれば、自分で労力がかかることを体感できるのでわかりやすいです。

 

一方、自動車に乗っているとアクセルを踏むだけなので「疲れ」を感じることがありません。自転車と同じように労力が多く必要なことを想像すれば、燃費が悪くなることがわかるのではないでしょうか。

 

また、自動車の空気圧が適正でないと乗り心地が悪くなります。私のように意識していると、タイヤの空気圧が適正でない状態であると乗り心地が悪く感じます。エアーチェックをしてみると、案の定空気圧が少なくなっています。

 

空気圧を適正な数値にした後に乗る自動車は、乗り心地が良くなったように感じることができます。

 

エアーチェックの料金

 

自動車の空気圧は、一昔前であれば200円ほど支払ってガソリンスタンドの店員さんに依頼しなければなりませんでした。今では、セルフチェック(自分で空気圧の確認をする)ですがエアーチェックの機械をガソリンスタンドで無料で借りることができます。

 

無料会員登録したりカードを作ったりしなくても、無料でエアーチェックはできます。ガソリンスタンドでガソリンを入れなくても、エアーチェックだけでも無料でさせてもらえます。

 

セルフスタンドであれば、どこかにエアーチェック用の機械が設置してあります。探してみてください。有人のガソリンスタンドであれば、店員さんに聞いてみると良いでしょう。

 

ちなみに、有人のガソリンスタンドでも無料で店員さんがエアーチェックしてくれるガソリンスタンドもあります。

 

空気圧の数値は自動車によって違う

 

自動車によってタイヤの空気圧は違います。では、乗っている自動車の適正な空気圧はどこで調べるのでしょうか。それは、運転席のドアを開いてみてください。だいたい画像の場所に空気圧のシールが張ってあります。

 

23.0と書いてあれば、エアーチェックの機械に230と数値を入力してください。後は、タイヤのキャップを外して空気を入れてください。機械が自動で空気圧を指定した数値まで入れてくれます。

 

まとめ

 

今では、セルフなためにスタンドの店員さんからエアーチェックを勧められることがありません。そのため、エアーチェックすることを忘れます。

 

私は自動車を所有していませんが、稀に家族が所有している自動車を借ります。そのとき、お礼がてらエアーチェックをしますがタイヤの空気が少ないことがほとんどです。

 

面倒で手が汚れますが、手は洗えば問題ありません。意識してエアーチェックを定期的にしておかないと、お金を落としながら走っているのと同じです。自転車であれば自分の労力が増えるだけなのでお金を落としていることにはなりません。

 

ですが、自動車はガソリン代を支払って走るので、無駄にガソリンを使うのであれば余分にガソリン代を支払うことになります。

 

エアーチェックは1カ月に1回は確認したほうが無駄にお金を捨てることは少なくなります。節約意識を高めたければ、エアーチェックを行いましょう。

 

特に、高速道路を使うときはエアーチェックを必ず行いましょう。高速道路は燃費がよくなるのにタイヤの空気圧が少ないと効果が減るからです。また、高速走行をするのでタイヤの空気圧が少ないと危険です。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ