自動車検査(車検)の手数料を節約する最強の方法

スポンサードリンク

自動車検査(車検)の手数料を節約する最強の方法

一般的に自動車の検査(車検)は、自動車を購入したディーラーや車検専門の業者にお願いすることがほとんどです。ただ、車検代を節約したいと考えるのであれば、「自分で車検を通す方法」が最強です。

 

車検を自分で通すことができるようになると、格安の車検専門業者に頼むよりも1万円から2万円を1回の車検毎に節約することができます。1万円から2万円が車検専門業者の手数料だからです。

 

例えば、格安の車検専門業者で10万円の車検代だとすると、自分で陸運局へ出向いて車検を通すと8万円から9万円で済みます。8万円から9万円は、税金なので節約することはできません。

 

車検は法律で義務付けられているため、違反すると罰金や免許停止、取り消しなどの処罰を受けてしまいます。

 

ただ、業者に依頼するのか自分で車検を通すかについて義務づけられているワケではありません。そのため、自分で車検を通すことは法律違反になりません。

 

自分で車検を通すデメリット

 

自分で車検を通すためには、各都道府県の市町村にある陸運局に自動車を持ち込まなければなりません。または、陸運局には支局がいくつか各地に設置されているので、そちらであっても同じように車検を受けられます。

 

例えば、愛知県であれば「西三河自動車車検登録事務所」などの事務所でも登録することができます。ただ、陸運局は車検専門業者のように、あなたの住まいの近隣で営業しているワケではありません。

 

人によっては、各都道府県の市町村にある陸運局や支局が凄まじく遠距離である場合があるかもしれません。その場合は、おとなしく格安の車検専門業者に依頼するのが良いでしょう。

 

また、陸運局は市役所のように平日しか運営していません。長期休暇や祝日なども休みなため、会社員などで平日に休むことが難しい人には向いていません。ただ、平日に有給休暇を取得できる環境である人には有効であると言えます。

 

また、車検を受けるときは陸運局や支局で試験官に車検する自動車を見てもらいます。何かしら自動車に不具合があるときは、車検を通してもらえません。

 

チェックされて再整備を要求された項目については、自分で整備しなければなりません。自分で整備できなければ、一旦陸運局を出て車検業者やディーラーなどに持ち込んで問題項目だけ整備してもらはなければなりません。

 

その後、陸運局で再度車検を受け直さなければなりません。ただ、翌日にする必要はありません。不具合を指摘された箇所を整備し直した後で、当日に再車検を受けても問題はありません。

 

また、陸運局に持ち込むような人は車検業者がほとんどです。そのため、もたついていると怒られます。そのほかにも、車検業者ではなく個人で陸運局や支局へ持ち込む場合は検査が厳しくなります。

 

業者は慣れているのを検査官は理解していますが、個人は不慣れな可能性が高いからです。

 

車検を自分で通すメリット

 

車検を自分で陸運局へ持ち込んで受ける最大のメリットは、車検代を節約できるところです。ディーラーに車検を依頼すると、工数1時間につき8,000円を請求されます。車検専門業者は工数1時間に対して4,000円で対応してもらえます。

 

あなたが自分で車検を通せば、工数1時間に対しての工賃は無料です。自動車を11年毎で新車に乗り換えるとすると、車検は合計5回受けることになります。毎回自分で車検を通せば、5万円から10万円を11年間で節約することができます。

 

33年間であれば、15万円から30万円になります。55年間であれば、25万円から50万円もの金額を節約することができると言えます。

 

新車は車検を陸運局や支局で通しやすい

 

あなたが自分で車検を通したいと思ったのであれば、陸運局に車検を受ける自動車を持ち込めばできます。特に、新車で購入してから3年後にある初回の車検は通りやすいと言えます。

 

現代の自動車は優秀なため、3年後の車検では余程ひどい乗り方をしていない限り不具合がでることはありません。

 

そのため、新車を購入してから3年後にくる車検だけ自分で通してみるのも一つの手だと言えます。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ