実質無料の仕組みを理解してお試し商品を無料で手に入れる

スポンサードリンク

実質無料の仕組みを理解してお試し商品を無料で手に入れる

青汁などの健康食品や化粧水などの美容グッズを無料で手に入れる方法があります。ハピタスという生活ポイントサイトに会員登録をした後に、100%ポイントバックの商品を選んで購入すれば実質0円で有料の商品を使うことができます。

 

具体的には、ポイントサイトからクレジットカードや銀行振り込みによる支払をして有料で商品をまず購入します。

 

購入してから数日から数週間後に、ポイントサイトに商品購入時に支払った金額と同額のポイントが振り込まれます。

 

このポイントは、1ポイント1円で数日であなたの指定した銀行に振り込ませることができるので安心してください。このように、最初は有料で商品を買いますが後日返金されるので実質0円ということになります。

 

商品を無料で購入できる仕組み

 

なぜ有料の商品を実質0円でお客様に渡しているのか疑問に思う人は多いと思います。初めての人であれば、怪しいと感じる人もいます。少なくても私は怪しいと思っていました。

 

「タダほど怖いものはない」と昔からの格言がありますし、市が発行している広報などには「うまい話は100%詐欺だと思ってください」などと頻繁に呼びかけられています。そのため、怪しいと思って購入に踏み切れない人も多いと思います。

 

そのような人のために、商品を無料で配っている仕組みを説明します。実は、販売者側は商品をあなたに1度試しに使ってもらいたいのです。実際に使ってもらえば商品の良さをわかってもらえると考えているからです。

 

現代では「青汁」という商品だけでも幾つも似た商品が存在しています。消費者はどの商品を選んで良いのか数多い商品の中から選ばなければなりません。

 

この商品は良いモノですから是非使ってくださいと言われても、使っていないのに月に3,000円もの支出は考えものです。

 

もしかしたら1回使ってみてガッカリするかもしれない商品かもしれません。すると、3,000円を無駄にして詐欺にあった気持ちになってしまうかもしれません。

 

または、家族に責められるかもしれません。3,000円もあれば○○のお菓子が食べたかったやら食事を少し豪華にして欲しかったやら言われてしまうかもしれません。

 

そのほかにも、そのことを隠して罪悪感にさいなまれてしまうかもしれません。

 

そのようなことが無いように、販売者側がリスクを背負って赤字で商品をばら撒いているのです。販売者側からすれば、商品の開発費や量産費、人件費、送料などのコストが掛かっています。

 

これをすべて販売者側が負担をしてでもお客様に使ってもらいたいのです。なぜこのようなボランティア以上のことをしているのかと言えば、広告費の使い方なのです。

 

実は、広告費は週刊誌などに見開き2ページに1回掲載するだけで200万円を必要とします。新聞の一面であれば1,000万円と言われています。

 

では、この広告費を雑誌などで使わずにお客様に使ったらどうでしょうか。週刊誌や新聞社に広告費用は一切支払わず、お客様にその分使っているのです。

 

すると、無料で使ってみて満足をしたお客様は有料でも次回から購入しようと思います。使ってみた感想が予想以上の商品であれば、定期購入するほどのファンになっていただけます。

 

そうすることによって、販売者側は利益を上げているのです。広告費を雑誌やテレビなどのメディアに使うのではなく、お客様に使っているのです。

 

無料で使える商品は使いまくると4方良し

 

どのメディアに掲載しても同じことが言えますが、その広告を見た人が必ず商品を購入するとは限りません。これと同じように、無料でお試し購入したお客様のすべてが次回から有料で購入してくれるとは販売者は思っていません。

 

そのため、無料で商品を使ってみて次回から有料で購入するまでも無いと思うのであれば、無料で使って終わりで構いません。

 

気になる無料で試せる商品があれば、気兼ねなく注文すれば良いと思います。販売者側もそこは理解しています。

 

そのうえ、健康食品などを無料で試せば健康促進に有効です。また、健康値が高まれば医療費に無駄なお金を使わなくて済む可能性が高まります。

 

また、日本の場合は医療費の自己負担が3割りです。残りの7割りもの費用は国が負担しています。

 

日本は不健康者が年々増加しているため、国の医療費負担が多くなると消費税を上げて対応せざるをえません。しかし、前述のように消費者が健康になれば購入者自身が喜びます。

 

次に販売者も喜びますし、国も喜びます。最終的に増税がなくなれば国民も喜ぶので4方良しになるのです。

 

無料でお試しできて気になる商品を見つけたら、率先して使っていきましょう。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ