口癖が「だるい」「めんどくさい」が多い人はお金が貯まりにくい

スポンサードリンク

口癖が「だるい」「めんどくさい」が多い人はお金が貯まりにくい

両親や友人などと会話をしていると、「こうすると得だよ」「こうすると損するよ」などの有益な情報をもらうことがあります。

 

それに対して、そんなことをするのは「めんどうくさい」や「だるい」と思う癖のある人は損をしています。

 

例えば、友人から「ネットショップで買い物をするときに、購入価格の2%分のポイントをもらえる方法があるんだよ」と教えてもらったとします。

 

これに対して、めんどうくさがらずに詳しく話を聞ける人は得をします。

 

購入価格の2%分のポイントを得る方法

 

ネットショップで買い物をするときに、現金払いの人は還ってくるお金はありません。一方、クレジットカードで商品を購入すると、商品代金の1%分のポイントがもらえます。

 

クレジットカードで買い物ができるネットショップは、顧客満足度を高めるためにカード会社と提携しています。契約料金は、「商品代金の5%」となっています。

 

カード会社はその売上で食べています。5%の売上の中から、1%分をカード会員へ還元しているのです。

 

これに加えて、1%分をさらに手にする方法があります。その方法とは、ポイントモールと呼ばれるポイントサイトを経由して、yahooオークションや楽天市場、ニッセンなどの商品を購入するのです。ポイントモールを経由することにより、購入価格の1%分のポイントがさらにもらえます。

 

この2つの方法を組み合わせれば、1度の買い物で2%分のポイントを得ることができます。ポイントは、「1ポイント=1円」で商品購入の際に値引きできたり、一定数に貯まったポイントを現金化することができたりします。

 

ただ、ポイントモールについては全てのネットショップで使用できるわけではありません。ポイントモールと提携しているネットショップのみとなるので注意が必要です。

 

実際に得られる数字を計算してみる

 

1年間で10万円分をネットショップで購入したとしましょう。クレジットカード払いだけだと「10万円×1%=1,000ポイント」が還ってきます。一方、クレジットカード払い+ポイントモール経由にすると「10万円×2%=2,000ポイント」が還ってきます。

 

これを50年に換算すると、クレジットカード払いだけだと「1,000円×50年=5万ポイント」になります。クレジットカード払い+ポイントモール経由にすると、「2,000円×50年=10万ポイント」になります。

 

「1ポイント=1円」に換金できますから、クレジットカード払いだけでは「5万ポイント=5万円」しかもらえないはずのポイントが、ポイントモールを経由するだけで2倍の10万円にもなるのです。

 

お金に恵まれない人の考え方

 

50年間で10万円の得しかないのであれば、やらない方を選ぶ人はお金で苦労します。なぜなら、お金を大切にしない人はお金に好かれないからです。そういった方は、「めんどうくさい」「だるい」が口癖です。

 

有益な情報を得たとしても、すぐに行動しないままで忘れてしまいます。1円すら節約することができません。

 

逆に、有益な情報を得てからすぐに行動に移せる人は、お金を得る方法をどんどん実践するので、すぐにお金が集まります。「お金に余裕がある人」と「お金に困っている人」の違いはここにあります。

 

他人から与えられる情報は、自分の中にない情報であることが多くあります。有益な情報には常にアンテナを張って、実践してみることが重要です。

 

億万長者の格言

 

「1億円札を探している人はたくさんいるが、そんなお札は存在しない。1万円が1億枚あつまって1億円なのだ」という教えがあります。つまり、いきなり1億円を求めるから行動できずにいるのです。

 

目の前にある自分の力でできることに全力で取り組み続けることでしか、1億円に辿りつくことはできません。

 

「めんどくさい」「だるい」と言って行動しない人ほど、宝くじやギャンブルなどにのめり込み、楽をして大金を得ようとします。そして、結局は大金を失うことになります。このような怠慢な人に、お金があつまることはありません。

 

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ