正しい努力しか報われない

スポンサードリンク

正しい努力しか報われない

間違った努力をしていると、時間やお金をどれだけ掛けても報われることはありません。例えば、あなたがサラリーマンで出世することを目指していたとしましょう。

 

言われた業務を素早く丁寧に完成させていても、勝手に出世することはありません。確かに最低限、業務を素早く丁寧に完成させることは重要です。ただ、それだけで出世することはありません。

 

では、どうすれば出世するのかと言えば、引き上げてくれる人を探し当てることが最も重要です。あなたを主任や課長、係長に引き上げてくれるキーパーソンを見つけることが最も重要なのです。

 

キーパーソンは、企業によって違ってきますが直上司が最も有力と言えます。キーパーソンが見つかれば、後はキーパーソンの望むことにひたすら貢献します。

 

そうすれば、出世することは間違いありません。

 

出世することを本当に望んでいるのか?

 

あなたが出世して成したいことは何でしょうか。これがよくわかっていないのに、出世する努力をしても報われません。

 

「周りに認められたい」「ただ威張りたい」「給料が多く欲しい」という欲求から出世するのも良いですが、実は望んでいない立場なのかもしれません。

 

出世をすれば、勝手に周りは認めてはくれます。ただ、しょせん会社の看板がある前提です。あなた自身が認められているわけではありません。

 

認めてもらったのはキーパーソンにのみなので、周りに心の底から認めてもらえることはありません。

 

また、出世すれば上からの命令はどんなに理不尽でも従わなければなりません。従わなければ、その時点でさらなる出世はありません。また、膨大な仕事を納期までに部下を使って完成させなければなりません。

 

そんな状況で、普段から威張っていると本当に協力して欲しいときに困ります。部下の動きが鈍かったり、やる気をなくしたりしているからです。

 

そのほかにも、出世して給料が大幅に違ってくるのは大企業だけです。中小企業や零細企業で出世しても、給料にそれほど差はでません。むしろ、出世して管理職になったほうが割りに合わなくなる可能性は高くあります。

 

過程よりも結果だけを求められるようになるので、重い責任を課せられるからです。

 

言われたことをこなしていればいいだけの一般社員のほうが、楽で割りに合った給料だと言えます。しかも、大企業以外の会社で課長や部長などの役割を任せられた人と比較して、一般社員と給料は差ほど変わらないのが実状です。

 

また、業績が悪ければ役員から順番にボーナスや給料は何十パーセントも下がっていきます。業績が悪くなれば役職のある人間の管理責任を問われるためです。成果を出さなければ給料やボーナスは当然大きく下げられてしまうのです。

 

このような事実を知ったとき、あなたの出世するために要した努力は報われるのでしょうか。もしもあなたが大企業に就職しているのであれば、出世することで報われる可能性は高いと言えます。

 

大企業の部長クラス以上にでもなれば、ほとんど仕事は部下に任せておけば良くなります。給料は一般社員の1.5倍から2.5倍にもなります。

 

ただ、中小企業や零細企業であるならば努力は報われないと言えるでしょう。大企業と中小企業や零細企業はシステムが違うことはもちろんのこと、資本がまったく違うからです。

 

会社が倒産してしまえば出世の努力は水の泡

 

今後は、会社という組織がそれほど必要無い時代になっていくと言えます。インターネットの出現によって、一人でも数千万円、少人数で数億円売り上げを作り上げられる時代になっています。誰でもできる仕事はオートメーション化されてきています。

 

このような少数精鋭で成り立つ会社が増えていけば、大きな組織は必要なくなっていくのは必然です。

 

会社の経営が傾けば、必死に努力して出世しても意味がなくなります。倒産するかもしれない会社で身を粉にして努力をするのは、本当に意味のある努力なのでしょうか。

 

意味のない努力をするよりも、10年先を見据えて希望のある起業をはじめたほうが賢明なのではないでしょうか。

 

サラリーマンが何気に起業して成功するほど甘い世界ではありませんが、沈みゆく泥船で必死に水をかき出すよりも、船を新たに作る努力のほうが報われる時代がやってきたのです。

 

先見性を磨き、正しい努力をしていける人だけが報われるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ