お金に恵まれる思考法

スポンサードリンク

お金に恵まれる思考法

お金はリアルな世界では最高の道具です。どんなモノやサービスでも、交換できないものはありません。お金は誰もが欲しがる「特殊な印刷が施されている紙切れ」なのです。

 

では、誰もが欲しがるお金はどうしたら手に入れられるのでしょうか。

 

お金を手に入れるためには

 

あなたがお金を求めるのであれば、お金と引き換えに何かを提供しなければなりません。先ほどとは逆説になりますが、「誰かが欲しがる何かしらのモノやサービス」を提供しなければなりません。

 

これを理解しないでお金を欲しがる人は、食べ物を乞う人と同然だと言えます。相手に何も与えずに、「お金をください」と言っても意味がわかりません。同情に訴えることによって、わずかなお金を与えてもらえるだけです。ただ、このような考え方の人は多くいます。

 

例えば、あなたは女性として合同コンパのような飲み会に参加した場面を想像してみてください。女性は男性に奢ってもらえるのが当たり前という考え方を持っている人が多くいます。確かに無料で飲み食いができれば最高です。

 

しかし、そのためには男性の話に聞き耳をたてたり、盛り上げたりするなど何かしら相手に与える行動をしなければなりません。何も相手に与えないにも関わらず、「お金をくれ」と言う人は奢ってもらえません。

 

男性からすれば、「何で奢らないといけないの?」 と考えられてもおかしくありません。または、二度と飲みには誘ってもらえません。くれくれ星人の考え方では、何をやってもうまくいくことはありません。

 

一方、女性陣が男性陣にサービスを意識して対応したらどうでしょうか。男性が喜ぶようなリアクションや質問をして、聞き手にまわれば男性陣は気分が良くなります。

 

その結果、「楽しい飲み会だったからここは男性陣でだしておくよ」と居酒屋などであなたが飲み食いした会計分を男性に奢ってもらえる確率は確実に上がります。

 

実家に入れる生活費を労力で賄う

 

女性の場合は、結婚すると大半が夫の家に入ることになります。ただ、出産時期は実家の両親にお世話になる場合があります。そして、夫の住んでいる今の家と実家の距離が遠ければ遠いほど、長い期間お世話になることがあります。

 

そうなると、光熱費や食事代などお金をある程度実家へ入れなければなりません。いくら実家とはいえ、最低でも毎月2万円前後を実家にわたして面倒を見てもらえるようにお願いしなければなりません。

 

ただ、お金だけに頼る必要はありません。お世話になる分の半分はサラリーマンのように労力を提供すれば、お金は半額の1万円でも許してもらえます。

 

家の掃除機掛けや拭き掃除、トイレ掃除、風呂掃除、料理、洗濯、差し入れ、両親の肩揉みなどのサービスを提供するのです。

 

また、「旦那の家は○○のような節約方法をしている」などの有益な情報を与えるのです。お金だけではなく、価値ある情報やモノ、サービスを与えまくるのです。そうすれば、少額でも悪い顔はしないはずです。

 

逆に、家事など何もしないつもりなのであれば、多めに生活費を渡さなければいけないと言えます。このように、普段から「相手に与える意識」を持っていれば、スムーズにお金を得ることができます。

 

お金に頼らない思考法を身につける

 

バックパッカーは、お金に頼らないで生きていく考え方を得られる最高の体験だと言えます。ちなみに、バックパッカーを知らない人のために少し説明しておきます。

 

バックパッカーとは、バックパックと言われるリュックサックのような入れ物だけを所持して世界中をわずかなお金で一定期間巡る旅をする人のことです。

 

1カ月のように軽い旅から3年など長期間に及ぶ旅をする人もいます。1カ月ほどの短い期間であれば、何とか少ないお金でやりくりできるかもしれません。しかし、3年もの長さになるとお金は尽きてしまいます。

 

では、お金が尽きたバックパッカーはどうするのかというと、一宿一飯と何かしらの労力を交換します。

 

例えば、牧場であれば牧場のオーナーと交渉して牛の世話などをします。1日中働いて、その日の寝床と食事を確保します。

 

旅館であれば、女将などと交渉して皿洗いや掃除などをします。そして、温泉に入って賄いなどを分けてもらえるのです。このような「その日暮らしの生活」を続けていきます。

 

労力を使ってその日その日を暮してゆく体験をすることで、お金に頼らなくても生きていける自信がつくのです。

 

まとめ

 

現代人は、便利になり過ぎてしまってお金で解決する方法しか思いつきません。しかし、頭を使って知恵を捻り出すことによって、お金に頼らなくても生きていくことはできます。

 

あなたがお金に恵まれたいのであれば、お金を1円も使わずに相手に何かを与えることができないか考えてみましょう。頭を使って知恵をしぼりだすことで、お金が集まる人になることができるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ