スマートフォン(携帯電話)料金の節約術

スポンサードリンク

スマートフォン(携帯電話)料金の節約術

携帯電話は生活に必須な道具になりました。固定電話とは違い、いつでもどこからでも電話をかけることができますし、受けることもできます。

 

ただ、便利と引き換えに固定費が増えて、生活費を圧迫するモノになっています。一昔前は1家庭に1台でしたが、現代では1人に1台以上持っています。どれくらいの負担が増えているのか概算してみましょう。

 

携帯料金が毎月4,000円の場合

 

1年間であれば、「4,000円×12ヵ月=4万8,000円」になります。10年間であれば、「4万8,000円×10年間=48万円」です。30年間であれば、「4万8,000円×30年間=144万円」です。50年間であれば、「4万8,000円×50年間=240万円」もの大金になります。

 

これが4人家族で全員が携帯電話を持つことになると、支出額は4倍になります。50年換算にすると、「240万円×4倍=960万円」にもなります。

 

最近では、小型パーソナルコンピューターに携帯電話機能やデジタルカメラ機能、インターネットがどこへ行っても見ることができる「スマートフォン」に名称を変えました。

 

従来の携帯電話は、「ガラパゴス携帯」と呼ばれるようになりました(ガラパゴス諸島と呼ばれる進化の止まった島から名づけられている)。

 

スマートフォンの携帯料金削減術

 

スマートフォンで通話の契約をすると毎月7,500円は必要になります。支出額は先ほどの携帯料金の計算額の「7,500円÷4,000円=1.875倍」にもなります。1人の場合の50年換算であれば、「240万円×1.875倍=450万円」になります。

 

4人家族の50年換算の場合であれば、「960万円×1.875倍=1800万円」という大きな金額になります。計算してみると、これだけのお金を「携帯電話」に使っていることが理解できます。

 

これでけ大きな金額を固定費として毎月支払っていますが、スマートフォンの携帯料金を大きく削減する方法があります。毎月7,500円の携帯料金を2,200円まで下げることが可能です。削減できる金額は毎月5,300円にもなります。

 

その方法とは、「イオンのオンラインショッピングサイト ~ おうちでイオン イオンショップ ~」でスマートフォンを購入するだけです。

 

こちらのスマートフォンは業界最安値で、スマートフォンでありながら「割賦代金+月々の通信費用=税抜き価格1,980円」ですみます。

 

スマートフォンの本体代金1万5,120円を一括購入すれば、毎月1,350円でスマートフォンを使うことができるのです。

 

イオンのスマートフォンに変更することによって毎月5,300円もの金額を節約することができれば、1年間で「5,300円×12ヶ月=6万3,600円」の削減になります。50年換算であれば、「6万3,600円×50年間=318万円」にもなります。

 

4人家族であれば、「318万円×4人=1,272万円」を節約することができるのです。

 

ただ、この方法には少し知恵が必要になります。まず、受信できる容量が月々1GB(ギガバイト)のように制限されます。決められた容量を使い切ってしまうと、どこでもインターネットを見ることはできなくなります。

 

ただ、「WI-FI」と呼ばれる無線LANの環境を使うことによって、必要最低限の通信容量にすることで、通信容量の問題は解決できます。

 

スマートフォンは、通常では3Gや4G(LTE)と呼ばれる携帯電話会社が持っている電波を受信します。

 

ただ、WI-FI環境がある場所で「携帯電話の電波」と「WI-FI」を同時に受信している状態になると、「WI-FI」を優先して受信します。

 

この時、「携帯電話の電波」は受信していないことになりますので、先ほどの通信容量は使っていないことになります。

 

このような知識を使って、ダウンロードなどの通信容量が多くかかる作業に関しては、自宅などでWI-FIを使って作業を済ませます。

 

そして、通信容量が少ないメールの受信やインターネット検索などの作業に関しては、「携帯電話会社の電波」を使うように知恵を使えば、通信容量を超えることはまずありません。

 

もし通信容量を超えることがある場合は、WI-FI環境をうまく利用できていない可能性が高いです。

 

スマートフォンの豆知識

 

実は、知っている人は意外に少ないのですが、スマートフォンは携帯電話会社と契約をしていなくとも、WI-FI環境があればインターネットを使うことができます。

 

スマートフォンを無線LAN環境があるところに置けば、どこでもインターネットを無料で使うことができるのです。

 

もし、あなたがそんなにスマートフォンを使わないのであれば、携帯電話会社に毎月高い固定料金を支払い続ける必要はなくなります。

 

その他にも、コンビニエンスストアやスターバックスなどのコーヒーショップ、ロッテリア、マクドナルド、駅のホーム、自動販売機など、さまざまな場所でWI-FI環境が無料で提供されています。

 

ただ、電子メールの登録が必要になりますので少し面倒ではあります。

 

それ以外の場所では先ほどの1GBの制限内で使っていれば、大きな金額を削減することができるのです。

 

そのほかにも、WI-FIは自宅などにインターネット環境があれば数分でできあがります。楽天市場などで「ポケットWI-FI」と呼ばれる機械を購入して、自宅のインターネットポートやルーターに接続するだけです。金額はピンキリですが、安いモノであれば2,000円もしません。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

インターネットでの買い物をお得にする2つの方法
冷蔵庫内の整理で36万円を節約する
買い物で得する考え方
移動手段は格安の高速バスがおすすめ
圧力鍋の効果と威力
美容院代や床屋代を節約する方法
犬を飼う年間費用の削減術
新聞を購読する必要性を考える
ダイエットを成功させる秘訣と方法
送料を安くする方法
パソコンの購入ポイント:有料ソフトは必要ない
お茶を持参することによる節約効果
葬儀や葬式費用の節約術
本は買わずに図書館で借りる
買い物で注意するべき2つの点
本代や書籍代を節約する方法
葬儀や葬式、結婚式などの礼服について考える
銀行の手数料を節約する方法
ダンボール箱を無料で手に入れる方法
格安の便利屋は「シルバー人材センター」
被服代や洋服代を節約する方法
100円ショップを有効利用しよう
スーパーマーケット「Felna(フェルナ)」「カネスエ」は超格安店
フィラリア予防薬の値段を半額にする方法
犬の爪切りは散歩をすれば有料で切ってもらう必要はない
オシャレ且つ安い服を手に入れる知恵
ハードディスクドライブの容量を無料で増やす方法
歯の矯正治療費用に保険は適応されない
薬代を安くするジェネリック医薬品
電話料金の節約方法
デート代の節約術:ホテルの宿泊代(年末年始などのシーズン中)
アイフォン(iphone)の充電池交換は自分でできる
アイフォン(iphone)の液晶画面交換(修理)は自分でできる
ドトールコーヒーで得する節約術

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ