美容院代や床屋代を節約する方法

スポンサードリンク

美容院代や床屋代を節約する方法

髪が伸びてきたときに、美容院や床屋へ行くと、1度に数千円はかかります。髪を切ってもらった後に大満足なら良いですが、なかなか大満足には至りません。場合によっては、自分で切った方が良かったのではないかと感じてしまうこともあるくらいです。

 

しかし、担当のスタイリストが悪かったのだと考えて、違う美容院に通っても同じことの繰り返しです。

 

もし、あなたが髪を美容院や床屋で切ってもらう方法しか無いと思っているのであれば、良い方法があります。それは、自分で髪の毛を切る方法です。

 

自分で切ってしまえば、スタイリストに腹をたてることはありませんし、あなたの気に入った髪の長さに自分で調節できます。そして、何より家計費の節約になります。

 

自宅を美容院にする

 

美容師や理容師は国家資格が必要です。しかし、商売にするために必要なだけです。あなたの髪を自分で切る分には資格は必要ありません。また、自分の髪質は自分が1番よく知っているはずです。

 

自分で散髪しているうちに、あなた専属のスタイリスト並の技術は身に付きます。

 

そして、あなたが自分の髪を切ることを決意したのであれば、おススメの道具をご紹介しておきます。

 

ハサミで切るのも良いですが、散髪するのに相当時間がかかります。私が初めて自分で髪の毛をハサミで切ったときには3時間ほどかかりました。特に後頭部の見えない部分などは大変です。

 

1人で切る場合は、前と後ろに鏡を置いて合わせ鏡をしてハサミで切っていました。鏡越しでは左右逆になるので混乱します。終わったあとの疲労感はハンパではありません。

 

ですが、道具を変えたあとでは1時間もかからなくなりました。

 

慣れもありますが、道具を変えたことが大きいです。私が今使っている道具は「ヘアカッター」と言います。ヘアカッターとはクシに刃がついたモノだと思ってください。

 

ヘアカッターは優れモノで、クシでとくように髪の毛を撫でるだけで髪の毛がすけます。だいたいの感覚で髪を撫でているだけで、丁度良い長さにしてくれます。後頭部も合わせ鏡をしなくとも感覚ですいてしまっても大丈夫です。

 

ただ、すき過ぎには注意してください。気づかないうちに自分で思っているよりも短くなっていることがあります。

 

最後にシルエットバランスを整えるために、長めの目立つ髪の毛をハサミで切れば終わりです。

 

自分で髪を切ることに慣れてしまえば、髪が伸びてきたと思ったときに、手軽に髪を切ることができます。髪が軽くなりますし、髪を切った感じもあまりでません。

 

何度も繰り返しているうちに、早くできるようになります。そのうえお金もかかりません。私はこれで10年ほど髪を切ることにお金を使っていません。

 

ヘアカッターの購入先と髪を切る場所

 

ヘアカッターは100円均一のお店で売っているもので十分です。ただ、切れ味が悪くなるのが早い気はします。切れ味が悪くなってくると、ギリギリと髪に引っかかり、引っ張られて痛いです。

 

その場合は、水で髪をほんのり濡らすとスムーズに髪をすけます。切れ味に改善が見られなくなってきたら、100円均一で新しく購入すれば切れ味はもどります。

 

そして、ヘアカッターで髪の毛を切っていると細かな毛が飛び散ります。これを対策するのに一番効果的なのはお風呂場で散髪することです。

 

お風呂場であれば、細かな髪の毛が飛び散ってもシャワーで洗い流したあとに排水溝のフィルターからまとめて捨ててしまえば簡単です。

 

ただ、あまりの毛髪量だと詰まってしまいかねません。排水溝に流す前に、できるだけ髪の毛をかき集めてゴミ箱に捨てましょう。水で髪の毛を少し濡らすことも飛び散り防止に効果的です。

 

 節約できる金額

 

もし美容院や床屋にいけば、少なくとも1年間に4回は行くことになります。そうなれば「4,000円×4回=1万6,000円」になります。

 

10年間であれば、「1万6000円×10年間=16万円」になります。50年間であれば、「1万6000円×50年間=80万円」になります。

 

私は今までに16万円の節約ができていることになります。今後も美容院や床屋へ行く予定はありませんので、80万円は節約できます。

 

そして、私の家族も自分の髪は自分で切っています。4人家族であれば、「80万円×4人分=320万円」もの節約になるのです。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

インターネットでの買い物をお得にする2つの方法
スマートフォン(携帯電話)料金の節約術
冷蔵庫内の整理で36万円を節約する
買い物で得する考え方
移動手段は格安の高速バスがおすすめ
圧力鍋の効果と威力
犬を飼う年間費用の削減術
新聞を購読する必要性を考える
ダイエットを成功させる秘訣と方法
送料を安くする方法
パソコンの購入ポイント:有料ソフトは必要ない
お茶を持参することによる節約効果
葬儀や葬式費用の節約術
本は買わずに図書館で借りる
買い物で注意するべき2つの点
本代や書籍代を節約する方法
葬儀や葬式、結婚式などの礼服について考える
銀行の手数料を節約する方法
ダンボール箱を無料で手に入れる方法
格安の便利屋は「シルバー人材センター」
被服代や洋服代を節約する方法
100円ショップを有効利用しよう
スーパーマーケット「Felna(フェルナ)」「カネスエ」は超格安店
フィラリア予防薬の値段を半額にする方法
犬の爪切りは散歩をすれば有料で切ってもらう必要はない
オシャレ且つ安い服を手に入れる知恵
ハードディスクドライブの容量を無料で増やす方法
歯の矯正治療費用に保険は適応されない
薬代を安くするジェネリック医薬品
電話料金の節約方法
デート代の節約術:ホテルの宿泊代(年末年始などのシーズン中)
アイフォン(iphone)の充電池交換は自分でできる
アイフォン(iphone)の液晶画面交換(修理)は自分でできる
ドトールコーヒーで得する節約術

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ