100円ショップを有効利用しよう

スポンサードリンク

100円ショップを有効利用しよう

100円ショップでは、ありとあらゆる生活雑貨がそろいます。文房具はもちろんのこと、自転車のカゴから工具まで販売しています。

 

ただ、100円ショップによって置いてある商品の種類や量に違いがあります。そのため、近隣にある100円ショップはすべて見回ってみると、意外な商品に出会えることがあります。

 

教育資料

 

しまじろうというマスコットキャラクターで有名なベネッセコーポレーションの教育資料は秀逸です。0歳から5歳くらいまでは、毎月1,500円程度で子どもが楽しめるうえに、生活習慣が身につく教材を提供してくれます。

 

ただ、小学生に上がる頃になると毎月5,000円の金額に値上がりします。それなりに値段に見合った商材なのですが、5,000円となると少し考えものです。

 

そこで、100円ショップで教材がないものかと探してみると、私の近所の大きい100円ショップには置いてあります。

 

ひらがなをなぞって字を書く練習のできる漢字ドリルや「ナンプレ」と言われる数字のパズル、計算ドリルなどが置いてあります。

 

これらを購入して、親と子どもが一緒に楽しく勉強することができれば、子どもの知能は確実に高まります。特にナンプレは、「理論的な思考」と「集中力」を育てます。

 

それがたったの100円で購入できるのであれば、これほど効果的でいて教育について節約できる方法はありません。

 

子ども用の玩具

 

幼児の玩具は、大手の玩具屋さんに行くと数千円以上はします。しかも、幼児の場合はせっかく購入しても長く遊んでくれるかわかりません。飽きてしまってほかの玩具に目移りしてしまいがちです。

 

大人からすると「高額だったのに・・・」とガッカリしてしまいます。玩具代だけでかなりの浪費になりかねません。しかし、子どもからすれば玩具の値段は関係ありません。

 

一方、100円ショップに置いてある玩具であれば、10個買っても1,000円程度です。あらかじめ、子どもは玩具に飽きるものだと知っておけば、100円ショップで欲しがる玩具で十分です。

 

また欲しがっても100円ですし、壊れてしまっても100円です。そのため、大人の懐が大きな痛手を負うことはありません。

 

100円ショップには、たくさんのおもちゃが置いてあります。女の子であれば、おままごとセットやキラキラしたアクセサリー、男の子であれば救急車や消防車、鞘のついた剣など大人の私でも少しドキドキしてしまう商品があります。

 

そのほかにも、ボールやバトミントン、砂場で遊ぶセットなども販売しています。

 

また、大人は子どもが欲しがるモノを抑制してしまいがちです。「前も同じ物を買ったでしょ」などと言って買ってあげません。

 

しかし、子どもからすると同じ物ではありません。わずかに違いがあるから欲しいのです。また、幼少期から欲しがるものを与えると、大人になってから衝動買いが抑制されるという調査結果があります。

 

大人になってから買い物依存症のような状態になってしまうより、幼少期に買い与えるほうが、総合的には非常にコストを抑えることができるのです。

 

食器はニトリの方が良い

 

100円ショップの食器は味気ないものがほとんどです。残念ながら食欲を沸かしてくれる食器がありません。

 

そのため、味気より値段を優先するのであれば、100円ショップの食器はおススメです。しかし、美味しく食べたいのであれば器にはこだわったほうが良いです。

 

器の重要さは、京懐石やラーメン店などの料理でも重要とされています。料理の味自体が洗練されているのはもちろんですが、さらに味を引き立たせるのは「器」なのです。

 

実際、器の威力がわかりやすい調査結果があります。「好きな味」と「嫌いな味」を器の違いによって食べ比べた研究結果です。

 

「嫌いな味」に良い器を使い、「好きな味」にあまり良くない器を使ったところ、嫌いな味でも良い器のほうが多く食べたという統計結果があるほどです。

 

器にこだわると、とんでもなく高額な食器はいくらでもあります。そのため、コストパフォーマンスが良いのは「大手家具メーカーのニトリ」です。ニトリは基本的には家具のメーカーですが、キッチンまわりの品も販売しています。

 

そこに置いてある食器は、200円から400円ほどでお値段以上の食器を購入することができます。私はニトリで和風の伊万里焼のような仕上がりの陶器の食器を使っています。

 

この食器で食べるご飯は何でも美味しく食べることができます。

 

自転車の部品

 

私は自動車を所有していないので、自転車でどこにでも移動します。そのため、自転車はそれなりに早く劣化してきます。ブレーキのゴムやタイヤなどは擦り減ってきますし、チェーンは緩むしタイヤはパンクすることがあります。

 

こういったとき、自転車屋さんに持っていけば工賃も含めて1,000円程度で直してくれます。しかし、自動車ならまだしも自転車くらいは自分で直せるようになった方が節約できます。

 

自転車は自動車のように複雑な形状をしていません。とても単純な仕組みです。最初はよくわからないと思いますが、頑張って仕組みを理解することによって、自分で修理することができるようになります。

 

そのときに購入する部品は、自転車屋さんより100円ショップのほうが安く済みます。100円ショップには、ブレーキのゴムやパンク修理セット、ドライバーセット、グリスなどが売っています。

 

ただ、さすがにタイヤやチェーンは売っていません。それに、ブレーキゴムは自転車屋さんで購入する品より耐久性がありません。

 

ブレーキゴムの交換頻度を下げたいのであれば、少し値段は高くなりますが自転車屋さんで部品を購入したほうが良いです。そして、自分で直すことで工賃分を節約することができます。

 

冠婚葬祭品

 

結婚式や葬儀などで使われる「祝儀袋」や「不祝儀袋」は、100円ショップで売っています。品質は、コンビニなどで400円ほどで販売しているものと遜色ありません。頻繁に使うことはありませんが、有事の際には4分の1の費用で済むのでおススメです。

 

また、仏具もある程度の種類を販売しています。例えば、リンやリン棒、リン置き、数珠、香炉、線香立て、線香、ろうそく、ろうそく立てなども置いてあります。

 

ただ、リンは300円で売っているかもしれません。そして、仏壇と木魚は100円ショップで見かけたことがありません。細かな雑貨しか置いていないと思ってください。

 

まとめ

 

100円ショップは、生活雑貨のほとんどが売っています。しかも格安です。品質はそれほど良くないものも多くありますが、何かあったらまずは100円ショップで探してみてください。

 

良いものが見つかるかもしれません。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

インターネットでの買い物をお得にする2つの方法
スマートフォン(携帯電話)料金の節約術
冷蔵庫内の整理で36万円を節約する
買い物で得する考え方
移動手段は格安の高速バスがおすすめ
圧力鍋の効果と威力
美容院代や床屋代を節約する方法
犬を飼う年間費用の削減術
新聞を購読する必要性を考える
ダイエットを成功させる秘訣と方法
送料を安くする方法
パソコンの購入ポイント:有料ソフトは必要ない
お茶を持参することによる節約効果
葬儀や葬式費用の節約術
本は買わずに図書館で借りる
買い物で注意するべき2つの点
本代や書籍代を節約する方法
葬儀や葬式、結婚式などの礼服について考える
銀行の手数料を節約する方法
ダンボール箱を無料で手に入れる方法
格安の便利屋は「シルバー人材センター」
被服代や洋服代を節約する方法
スーパーマーケット「Felna(フェルナ)」「カネスエ」は超格安店
フィラリア予防薬の値段を半額にする方法
犬の爪切りは散歩をすれば有料で切ってもらう必要はない
オシャレ且つ安い服を手に入れる知恵
ハードディスクドライブの容量を無料で増やす方法
歯の矯正治療費用に保険は適応されない
薬代を安くするジェネリック医薬品
電話料金の節約方法
デート代の節約術:ホテルの宿泊代(年末年始などのシーズン中)
アイフォン(iphone)の充電池交換は自分でできる
アイフォン(iphone)の液晶画面交換(修理)は自分でできる
ドトールコーヒーで得する節約術

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ