送料を安くする方法

スポンサードリンク

送料を安くする方法

通常の宅配便では、「重さか大きさの設定されている送料が高い方」で金額が決まります。例えば、見た目が大きいけれど物凄く軽い場合では、大きさによる送料になります。見た目は小さくても物凄く重い場合では、重さによる送料になります。

 

私の今回ご紹介する方法は、「大きいけれど軽い荷物の場合は送料が安くなる方法」です。服やぬいぐるみ、フィギアなどの大きくて軽いものを大量に送るのであれば節約効果があります。

 

その方法とは「はこBOON」を使うことです。

 

はこBOONとは、ヤマト運輸が運営している「重さのみ」で送料が決まるサービスです。ただ、3辺(縦×横×高さ)の長さの合計が160cm以内で25kg以内という制限はあります。

 

送料の違い

 

例えば、大きさが縦60cm×横50cm×高さ50cmで重さが5kg以内の場合を想定してみましょう。通常の宅急便で近隣の圏内に荷物を送る場合、送料は1,800円以上はします。

 

しかし、はこBOONであれば800円程度で荷物を送ることができます。その差は1度に1箱1,000円にもなります。2箱であれば2,000円、3箱であれば3,000円の違いになります。

 

そのほかにも、通常の宅配便は営業所でクレジットカードを使うシステムが導入されていません。そのため現金払いのみとなっています。一方、はこBOONはクレジットカード払い(ヤフーウォレットというシステムを使う)を選択することができます。

 

そのため、クレジットカードによって違いなどはありますが、送料の1%が還元されます。800円であれば「800円×1%=8円」がカードのポイントなどによって還ってきます。

 

そのうえ、クレジットカードのポイントとは別にTポイントが貯まります。

 

はこBOONには、送料をクレジットカード払いのほかに、店頭払いとネット銀行払いにすることができます。店頭払いと銀行払いを選択すると、クレジットカードのポイントとは別にTポイントがさらに1%分貯まります。合計2%の還元率になります。

 

さらにここで、クレジットカード払いまたは全額Tポイントで送料を支払うと、Tポイントが2倍になります。

 

つまり、「送料800円×クレジットカードポイント1%+送料800円×Tポイント2%=24円分のポイント」合計3%分のポイントが還ってくるのです。ポイントは1ポイント1円として使うことができます。

 

例を参考に合計すると、「1,000円+24円=1,024円」を毎回荷物を送るたびに節約することができます。

 

取扱い店の違い

 

はこBOONは営業所や一般的なコンビニでは取り扱ってもらえません。では、どこで荷物を出すのかと言うと、ファミリーマートでしか取り扱っていません。しかも、ファミポートという端末が設置されていなければできません。

 

荷物を出そうと思ったときに、普通であれば梱包して集荷を業者に依頼するか、近くのコンビニや運送業者の営業所へ荷物を持っていきます。

 

そこで大きさと重さを調べてもらい、伝票にボールペンなどで送り先の住所とあなたの住所、電話番号、荷物の中身などを書き込んで金額が提示されます。

 

一方、はこBOONの場合は梱包してからインターネット上で送り先やあなたの住所、荷物の中身などを画面上で打ち込みます。そして、大きさと重さも自分で測ってパソコン上に打ち込まなくてはなりません。

 

ただ、1度打ち込めば発送先と送り先の住所が登録されますので、再度書き直すことをしなくて済みます。

 

一通り必要事項に書き込んで確定ボタンを押すと、16桁の数字が画面上に表示されます。この数字を覚えておかないと、発送ができません。ファミポートの端末に数字を打ち込まなくては伝票が発行されないからです。

 

メモ帳にメモするなり、ボイスメモで録音するなりしてください。登録したメールアドレスにも送信されますので、ファミポートの前でスマートフォンなどでメールを確認できるのであればメモする必要はありません。

 

そして、近くのファミリーマートへ行き、ファミポートに16桁の数字を打ち込んでください。伝票が発行されますから、店員さんに渡して控えを受け取れば完了です。

 

段ボール箱を無料で手に入れる方法

 

近くのスーパーに行けば、買い物量が多かったときなどのためにサービスとして廃ダンボール箱が置いてあります。100サイズ(縦×横×高さの合計が100cm以内)や120サイズ(縦×横×高さの合計が120cm以内)であれば無料で手に入ります。

 

ただ、140サイズと160サイズはなかなか見ることはありません。買い物量が多かったとしても、お客様が使うことが少ないからです。

 

ですが、スーパーなどで出ない訳ではありません。使い道がないので捨ててしまっているだけなのです。

 

どうしても無料で140、160サイズの段ボール箱が欲しい場合は、スーパーなどのサービスカウンターで取り置きしておいてもらえるようにお願いしてみると、親切なお店では対応してもらえます。

 

そこで手に入る段ボール箱は、トイレットペーパー運搬用の大きなダンボール箱になります。ただ、耐久性や強度はトイレットペーパー用だからか、弱くフニャフニャしています。

 

もしそのようなダンボール箱で不安であれば、ホームセンターなどで強く耐久性のあるものが販売されています。160サイズでは500円前後で販売しています。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

関連ページ

インターネットでの買い物をお得にする2つの方法
スマートフォン(携帯電話)料金の節約術
冷蔵庫内の整理で36万円を節約する
買い物で得する考え方
移動手段は格安の高速バスがおすすめ
圧力鍋の効果と威力
美容院代や床屋代を節約する方法
犬を飼う年間費用の削減術
新聞を購読する必要性を考える
ダイエットを成功させる秘訣と方法
パソコンの購入ポイント:有料ソフトは必要ない
お茶を持参することによる節約効果
葬儀や葬式費用の節約術
本は買わずに図書館で借りる
買い物で注意するべき2つの点
本代や書籍代を節約する方法
葬儀や葬式、結婚式などの礼服について考える
銀行の手数料を節約する方法
ダンボール箱を無料で手に入れる方法
格安の便利屋は「シルバー人材センター」
被服代や洋服代を節約する方法
100円ショップを有効利用しよう
スーパーマーケット「Felna(フェルナ)」「カネスエ」は超格安店
フィラリア予防薬の値段を半額にする方法
犬の爪切りは散歩をすれば有料で切ってもらう必要はない
オシャレ且つ安い服を手に入れる知恵
ハードディスクドライブの容量を無料で増やす方法
歯の矯正治療費用に保険は適応されない
薬代を安くするジェネリック医薬品
電話料金の節約方法
デート代の節約術:ホテルの宿泊代(年末年始などのシーズン中)
アイフォン(iphone)の充電池交換は自分でできる
アイフォン(iphone)の液晶画面交換(修理)は自分でできる
ドトールコーヒーで得する節約術

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ