借金総額680万円を返済した夫婦

スポンサードリンク

借金総額680万円を返済した夫婦

あなたが借金などのお金で苦しんでいる状況なのであれば、稼ぐことよりも節約することを優先しなければなりません。節約することよりも稼ぐことに意識を集中しても効率が悪いからです。

 

例えば、1cmほどの穴が5つ空いているバケツを想像してみてください。このバケツに水を一杯に汲んできても、運んでいる間に穴から水は流れでます。

 

水を汲む回数が多く、時間が掛かれば掛かるほど、早くバケツの穴を埋めておいたほうが効率は高くなります。

 

バケツの穴を埋めなかった夫婦

 

私の知り合いには、まさに借金という地獄に堕ちてしまった夫婦がいます。その夫婦は、500万円もの借金を作ってしまったのです。

 

元金が500万円なので、利息を含めると早めに元金を返済していかないと一生借金を払い続けることになりかねません。なぜ夫婦は借金地獄へ堕ちてしまったのかと言えば、生活水準が高かったからです。

 

旦那さんは、不動産会社で億単位のお金を動かす仕事をしていました。奥さんはデザイン会社で働き、夫婦の収入を合わせると月収50万円以上はあったそうです。

 

お金に余裕があったこともあり、夫婦揃って贅沢ざんまいな生活を送っていました。

 

休みの日には夫婦で毎週のように高級レストランのディナー、長期休暇は必ず海外旅行、着ているものはすべて流行りのブランドモノばかりでした。

 

そして、新車をボーナス併用のローンで組んだ直後に事件は起きました。旦那さんの会社が業績不振を理由にボーナスが全額カットになってしまったのです。

 

さらに、働いていた奥さんの会社も同じような時期に倒産してしまいます。奥さんは会社を去ったあとに、別会社に就職してパートタイムとして働きだしました。

 

すぐに働き口を見つけられたは良いものの、給料は以前の半分になってしまったのです。

 

そのような状況になっても、生活水準をしばらくの間下げることができませんでした。しばらくの間は、カードのキャッシング機能や消費者金融にまで手をだして生活水準を下げることなく暮らしていました。

 

その結果、気づいたころには500万円以上の借金になっていたのです。

 

借金を返済する節約術

 

普段からお金に関しては管理をしていない2人は、あるときお互いの現状を話し合いました。2人とも気づいたら借金が数百万円もあるのです。

 

キャッシング枠はどのカードも限度額ギリギリです。高金利な消費者金融からまで借りている状況です。夫婦の借金を合算すると500万円もの借金にまで膨れ上がっていたのです。

 

このままではヤバいと感じた借金夫婦は、協力して借金を完済する決意をします。

 

まずはバケツの穴を埋めるごとく、支出を減らすことからはじめたのです。所有している自動車はすべて売却し、家賃14万円する高層マンションから家賃7万円のアパートへ転居しました。

 

そのほかにも、本やCD、DVDなど売れるものはすべて売り払いました。本を読みたいときは買うのを我慢して図書館を利用して読書しました。美容院には1,000円でカットしてもらえる美容院に夫婦で通いました。

 

外食は控えて、自炊に切り替えて2人で月の食費を3万円以内に抑えました。

 

借金返済を加速させる最終手段

 

バケツの穴をすべて塞ぎ、できるだけ無駄を減らすことができたあと、夫婦は借金をさらに早く返済できる方法はないかと考えました。空いている時間をお金に換えようとしたのです。

 

会社で残業がないのであれば、帰宅する途中のコンビニや居酒屋でアルバイトをすればお金になります。

 

2時間から3時間ほどアルバイトすれば、「850円×2.5時間=2,125円」くらいになります。1カ月のうち15日間続ければ、「2,125円×15日間=3万1,875円」になります。このお金もすべて借金返済にまわしたのです。

 

会社で残業するよりも時間給は下がりますが、少しでも早く借金の額を減らしたほうが利息は減ります。

 

その姿に感銘を受けた奥さんも、空いた時間はできるだけパートの時間を増やして借金返済にあてました。

 

その結果、借金総額680万円もの金額をわずか3年という短期間で完済したのです。返済することを真剣に考え行動せず、返済期間がさらに長くなれば返済総額は1,000万円を超えていたかもしれません。

 

また、仕事の状況が悪くなった時点で生活水準を下げる対応ができていれば、借金どころか680万円以上の貯金ができていたことにもなります。

 

借金を返済し終わった夫婦

 

借金を返済完了したあとの夫婦生活は、アルバイトにでることなく静かな生活をしています。不思議なもので、浪費ばかりしていた頃よりも質素倹約の日々のほうが充実していると言います。

 

夫婦の絆も以前より深まり、幸せな人生を歩みはじめたと自信ありげに答えてくれました。

 

今回の夫婦は、ピンチをチャンスに換えることに成功しました。ただ、多くの人は失敗します。あなたが借金をするのであれば、今回の夫婦のような覚悟で返済に望まなければ完済できないことを理解しておいてください。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ