無料で生きる時代

スポンサードリンク

無料で生きる時代

企業が商品を売る戦略として、最強と言われている戦略があります。それが、「無料戦略」と言われている手法です。

 

無料にする理由

 

街中で綺麗なお姉さんが缶コーヒーを無料で配っていることがあります。当然、無料で貰えるので受け取って飲んでみます。そして、あなたが美味しいと感じ、また飲みたいと思えばコンビニなどで見かけたときに購入するでしょう。

 

しかし、美味しいと思わなかった人は無料で飲んでおしまいです。この割合が2対8だと言われています。

 

コーヒーの味に酔いしれて、毎日のように購入する人が2割、1度や2度の購入で止まる人や、全く購入すらしない人が8割になります。

 

この割合については、「パレートの法則」と言われています。どんな商品に関しても2対8の割合になると言われているのです。

 

そのほかにも、化粧品で本来なら3,000円以上するものなのに、最初の購入だけは500円や無料というものがあります。

 

なぜこのようなことをするのかと言うと、使って欲しいからです。使ってもらわなければ商品の良さがわかりません。

 

本来なら3,000円以上で販売しなければ全く利益にならないにも関わらず、莫大な赤字を出して、無料または少額でばらまくのです。

 

商品が溢れかえっている今の時代に、良さもわからない商品を無駄に購入しようとする人はいません。しかし、企業は商品を売らなければ生き残っていけません。

 

無料でも少額でも1度使ってもらって、購入し続けるファンを探さなければなりません。企業は2割しかファンになってもらえないことを理解しています。

 

しかし、無料戦略を実施しなければ商品を売ることは難しい時代なのです。無料戦略でなければ勝ち残っていけないのです。

 

これらのことから理解できるように、8割の人は無料でその商品を使うことができるのです。初回限定だとしても、商品はいくらでも存在しています。

 

次々と新しい商品を使っていけば、一生とは言えないですが、1年2年と一定の期間は化粧品代などを無料にすることができます。

 

お得な無料戦略品

 

無料戦略は、お水であっても実施されています。会員登録が面倒ですが、登録すればお水を12リットル分無料で飲むことができます。サーバー付きで貸し出すサービスなどを多く見受けます。

 

お水の販売も1社が独占して販売し続けることはありません。必ず2社、3社とライバル会社が出現して、より良いサービスが提供されていくのが世の常です。

 

そのため、無料レンタルが終了したら次の会社へ変更すれば、また無料でおいしい水を飲むことができます。

 

終了したら次の会社へと変更していくことで、かなり長い間無料で商品を使い続けることができるのです。

 

無料でお水を飲み続けて、その評価を自分のサイトに書き込んでランキングにして販売しても良いです。そうすることによって、無料でお水を飲み続けられるうえに、お水の販売会社から紹介料を得られる可能性もあります。

 

お金を払ってでも使ってほしい商品

 

企業様のおかげで、レベルの高い商品を無料で試せる時代です。商品によっては、「お金をあげるので使ってみてください」というサービスもあるほどです。

 

例えば、「楽天クレジットカード」であれば、新規入会カード発行キャンペーンを実施しているときでは8,000円分の楽天ポイントが貰えます。

 

私もクレジットカードを新規で作ってポイントを貰ったのですが、8,000円分もあると何に使うか困ってしまうほどです。

 

そのほかにも、「nanacoセブン一体型クレジットカード」でも、キャンペーンを実施していると1,000分のnanacoポイントがもらえます。セブンイレブンなどで、1,000円分も買い物が無料でできてしまうのです。

 

まとめ

 

企業はあなたに無料で遠慮なく商品を使って欲しいはずです。多くの商品を試した結果、あなたが気に入った物があればお金をだして使えば良いのです。

 

そのような有益な商品に出会うまで、無料で使い倒すことをおススメします。

スポンサードリンク

家計費削減セミナー:無料メルマガ登録

篠田蔵之介

HOME メルマガ登録 プロフィール 動画セミナー お問い合わせ